WA州選出連邦下院議員死去

自動車内で死体で発見される

 7月21日、WA州キャニング選挙区選出のドン・ランドル下院議員が停まっていた自動車の車内で死亡しているのが発見された。警察では不審死ではないと判断している。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 同日午後3時前、パースの南、ボディングトンのクラブ・ドライブで停まっていた車の62歳の男性がまったく反応しないとの通報を受けた警察とセント・ジョン救急隊が出動、男性の蘇生を試みたがすでに亡くなっていたと発表されている。

 ランドル議員は、1996年から98年までスワン選挙区選出、2001年11月からはキャニング選挙区選出で議員を務めていた。政界入りする前は教員、マーケティング・コンサルタントなどの仕事を経験していた。2015年2月、トニー・アボット首相のリーダーシップに不満を持った平議員が連名で党議員団による党首選を要求した事件で呼びかけ人になっていた。

 ランドル議員は過去にも遠慮のない発言でしばしば物議をかもしており、私的と疑われる旅行の経費を公費請求したり、アボリジニの「奪われた世代」への謝罪が連邦議会全会一致で可決された時も欠席し、批判を受けていた。

 スコット・モリソン社会事業相は、「ドン・ランドル死去の報に非常なショックを受けた。家族の方々にはお悔やみ申し上げたい」と語り、マシアス・コーマン予算相、ボブ・ボールドウィン議員、ウォレン・トラス副首相らも弔意を表明している。
■ソース
Don Randall: Federal Liberal MP for West Australian electorate of Canning found dead

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る