長年の住宅不動産ブームで若年ホームレス激増

住宅値上がり率と相関するホームレス増加率

 住宅不動産市場のブームを体験した各州準州の首都では過去10年間に若年ホームレス人口が激増している。

 ABC放送の若者向け放送、JJJ(電子版)が豪統計局(ABS)の国勢調査結果の新データを伝えた。

 2006年から2016までの10年間の19歳から24歳までの若年層のホームレス人口増加率は次の通りとなっている。NSW+117%、VIC+66%、QLD+13%、SA+23%、WA+2%、TAS+71%、NTー15%、ACT+64%、豪全土+46%。

 これに対して、2011年9月から2017年9月までの各州の住宅不動産価格平均上昇率は、NSW+65%、VIC+44%、QLD+17%、SA+17%、WA+/-0%、TAS+21%、NTー16%、ACT+22%、豪全土+39%となっており、両者の間に相関性があることははっきりと見て取れる。

 セント・ビンセント・ド・ポール・ソサエティのジャック・ド・グルートCEOは、「州の経済的繁栄から取り残されている人が大勢いる。政府は、この住宅危機に対して対処しなければならない。もっと公共住宅が必要だ」と語っている。

 しかし、住宅コストが増大するにつれて、社会経済的弱者のために確保される公共住宅の比率が下がっていく。「ホームレス・オーストラリア」によれば、公共住宅入居待ちが全国で20万人、ホームレスの人々に宿泊所を斡旋する団体では公共住宅不足のために1日に250人に門前払いしなければならない状況になっている。

 ホームレス人口が増えているだけでなく、若年ホームレス人口比も上昇しており、1万人あたり62人から72人になっていると同時にホームレス人口の5人に2人まで25歳未満という数字になっている。たとえば、NSW州では全年齢層のホームレス人口は70%増えており、それだけでも問題のある現実だが、25歳未満のホームレス人口は117%増えている。

 2006年、ケビン・ラッド労働党連邦政権が、「2020年までにホームレス人口を半減する」と約束したが、その後、2013年の政権交代を通じて、ホームレス人口は2016年には2006年比で14%増加している。
■ソース
After an epic property boom, here’s the youth homelessness figures

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る