第26回 里帰りで急成長

働くママの妊娠・出産・育児奮闘記

Being A Mum

働くママの妊娠・出産・育児奮闘記
初めて育児をオーストラリアでする!

第26回 里帰りで急成長

  1年に1度の里帰りで、2歳8カ月の娘を連れて 日本に2週間半帰ってきた。梅雨入り後だったに もかかわらずお天気に恵まれ、イベント盛りだく さんの日本滞在だった。

 家族全員、グルメと買い物と行楽に耽溺した 日々だったが、特に娘をとりこにしたのは、①お 刺し身、②温泉、③ホタルの3つだったようだ。

 お刺し身は、特にマグロとイクラが気に入ったら しく、私と夫の口に入るはずだったマグロはほと んど娘の口へ。そして、私が帰国する際には必ず うちの母が築地で新鮮なイクラを買い込んでお いてくれるのだが、娘はそのイクラも私に負けず に口いっぱいに頬ばって食べまくっていた(翌日 のウンチがピンク色だったのは笑ってしまった …)。

 温泉は、私の両親と九州へ、夫の両親と箱根 へと2回行ったのだが、九州では浅い足湯が自分 サイズなのか気に入ったらしく、朝食後にズンズ ン1人で(わが母を従えて)旅館の庭を歩いて行 き、浴衣をさっさと脱いで泳いでいたのでびっく り。箱根でも、露天風呂に3回入り、熱めのお湯 にもかかわらず、歌を歌いながらお湯の中を歩 き回り、ごきげんに堪能していた。

 ホタルは私自身が今回、九州で生まれて初め て見たのだが、夕食の後、(本物の)蛙の合唱を 聞きながら夜中のあぜ道を散歩していたところ、 目の前にホタルが発生 ! 娘と一緒にそーっと手 を差し出すと、ほのかな光を発しながら指先に止 まったので大騒ぎした。

 続いて箱根の露天風呂でも、川向こうの山岸 に数匹のホタルが光を点滅させながら飛び交う のを見ることができた。あまりに小さな光なの で、娘には何のことやらきっとピンと来ていない だろうと思っていたが、シドニーに戻ってからの あ る 日 、仕 事 と 託 児 所 の 帰 り の ド ラ イ ブ 中 に 、 シドニー湾の夜景に現れる対岸の家々の窓明か りを見て、娘は「ホタル ! ホタルだよー !」と大は しゃぎ。確かに光の小ささとほのかな感じが似て いる。そう言われると、見慣れたいつもの景色に なんとなく風情を感じるから不思議だ。

 1歳だった前回の里帰りでは、おそらくまだ状況がよく分かっていなかった娘だが、今回の里帰 りでは、きっと日本での楽しい思い出ができ、日 本が好きになったに違いない。 たとえ海外に 暮らしていても日本人として育ってほしいと願う 親の気持ちとしては、年に1度とはいえ、実際に 日本でいろいろなものに触れるというのはとて も大切なことなんだぁと、感慨深い今回の里帰 りだった。


はな プロフィル
◎シドニーの法律事務所勤務。初めての妊娠・出産・育児に挑戦することに。9月に無事、女児を出産

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る