【SYD】アート「テイキング・イット・オール・アウェイ」

EVENTGUIDE
©Stuart Ringbolt, photograph: Andrew Curtis

テイキング・イット・オール・アウェイ
Taking it all away

もし1日が24時間じゃなく、18時間になったら? もし雑誌の一部分が、260人の手で1枚1枚かき消されてしまったとしたら、後に残されるのは何か? MCAのコレクションから、絵画や彫刻を極端に簡素化、抽象化していくミニマリズムという運動の、芸術へのさまざまな影響を体現化。写真はスチュアート・リングボルトの作品「Clock」。

▼会場:Museum of Contemporary Art
▼日時:開催中〜2月22日(日)
▼料金:無料
▼Tel: (02)9252-4361
★Web: www.mca.com.au/exhibition/taking-it-all-away-mca-collection

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る