【PR】ホテルへの投資で米国永住権申請 / 株式会社アエルワールド

PR

世界各国で採用されている投資家ビザや投資永住権憧れの国で
悠々自適に暮らすためのセカンド・パスポートに

株式会社アエルワールド

ホテルへの投資で米国永住権申請

前回はヨーロッパの不動産投資ビザについて説明しました。今回は、一部の方から届いた「アメリカに住んでる友人に聞いたがそんなビザは聞いたことがない」「そもそもリスクが高いプロジェクトしかないのでは」という声に応え、具体的なプロジェクト情報と運営会社を紹介します。

JWマリオット・ホテル・プロジェクト

QL1806_8387MIZU5

完成イメージ
QL1806_8387MIZU6

LAディズニーランド周辺図

JWマリオット・ホテルは、同系列の中でも、リッツ・カールトンやブルガリに並ぶ、世界でも50カ所程しかない最高ランクのホテル・ブランドです。

同じホテルの建設場所は、ロサンゼルス郊外アナハイム市にあるディズニーランドに隣接しており、徒歩数分での入場が可能。また、周辺には同市のコンベンションセンター(徒歩10分程度)や、数キロ以内に大リーグで活躍中の大谷翔平選手が所属する球団本拠地のエンゼルス・スタジアムがあり、宿泊ニーズに事欠かない好立地です。

通常のホテル経営では資金が固定される土地建物を所有しない場合が多いのですが、当該物件に関してはホテルが土地建物を所有し、デザインにも建築段階から関与している点が特徴です。

同プロジェクトに50万ドル投資すると「EB5」という永住権を申請でき、永住権申請後は20カ月程度(平均審査期間)の審査を受けた後、クリアできれば移民申請を行い、その後アメリカ大使館での面接となります。そこでも問題がなければ条件付き永住権を取得でき、移住が可能となります。その後2年程度問題がなければ、グリーン・カードと呼ばれる10年間有効の永住権を申請できます。永住権取得後に、同プロジェクトに問題がなければ、その1~2年後(投資後、約6年)に、投資資金が返還されることになります。

アナハイム市より税優遇

プロジェクトは、2013年6月11日にアナハイム市より合計8,100万ドルの税優遇を受けられることが決まるなど、地元でも高く評価されています。20年末に完工予定で、総事業費は3億米ドル以上(約330億円)に上ります。

EB5プロジェクト管理会社のFPP社とは

FPP(First Pathways Partners)社は、07年に設立、08年よりウィスコンシン州のオフィス・ビル・プロジェクトより参入したプロジェクト管理会社です。

全米では現在800カ所以上のプロジェクトがあると言われていますが、同社は現在まで延べ10カ所のプロジェクトを手掛けており、そのうち9カ所のプロジェクトでは条件付き永住権の取得、6カ所では通常の永住権(グリーン・カード)の取得、2カ所では投資資金(50万米ドル)の返還にぞれぞれ成功しています。長年の実績と同業界への貢献により同社CEOのボブ・クラフト氏はIIUSA(Invest in theUSA)というEB5業界団体の会長を務めるなど、指導的立場を担っています。

申請で問われることは

EB5は世界の投資永住権の中でもユニークなプログラムで、審査内容は主に投資した資金源に集中しています。

オーストラリアでは近年投資条件が上がり、審査内容は年齢や事業年数や規模、英語力まで問われますが、現時点でのEB5ににはそのような審査はありません。ただし、18年9月30日までの時限立法であることと、申請条件変更の噂があるため、現条件(50万米ドルの投資)で申請したい投資家は、急いだ方が良いかもしれません。

申請の必要書類例

次に、申請における必要書類です。その中でも投資資金である50万米ドルの合法的資産形成が確認できる書類がポイントで、おおむね準備の80%以上がこの説明書類の準備に当てられます。

必要書類については申請者によって異なり、申請を担当する弁護士に確認することが重要となります。

●個人の証明
(戸籍謄本・婚姻証明・卒業証明書等)
●収入の証明
(源泉徴収票や確定申告書等)
●50万米ドルの合法的資産形成の証明
(残高証明・銀行取引明細等)

アエルワールドが行うサポートとは?

QL1806_8387MIZU7

FPP社CEOのボブ・クラフト氏による
IIUSAでのスピーチ

当社ではこのようなプロジェクト情報の提供やプロジェクト運営会社との面談、その後の申請をするための弁護士の紹介などの情報提供及びマッチングの支援を行っています。関心のある方は無料カウンセリングを行っております。

LOGO

EB5/グリーンカード・投資家ビザ・投資永住権の取得ならアエルワールドへ

株式会社アエルワールド
■住所:東京都新宿区新宿3-2-1京王新宿321ビル7階
■Tel: +81-(0)3-5341-4622(日本)、0412-283-393(豪州)
■Web: www.investorvisa.jp
■Email: iju@investorvisa.jp
■SKYPE: aerworld(事前にチャットでお知らせください)
■営業時間:月〜金10AM〜6PM、土・日・祝休

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る