コロナウイルス規制遵守拒否して罰金$1,000

州境規制違反の男女、自撮り投稿して発覚

 NSW州南部海岸在住の男女2人がVIC州との州境を越える時にコロナウイルス規制遵守点検を拒否し、しかもその場面を自分達でビデオ撮影して投稿した。

 男女はNSW州に帰宅してから罰金通告を受け、隔離命令を3回破った容疑で出廷を命じられている。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 警察のビデオはフェースブックでシェアされていたが、その後、削除されており、レーク・イラワラ署の警察官がカイアマ・ハイツの男女宅を訪れ、2人が自己隔離しているかどうかを確認したが、36歳と37歳の住人男女はドアを開けることも警察官の質問に答えることも拒否しており、逆に、訪問した主任巡査の氏名、バッジ番号、個人賠償責任を質問した上で、主任巡査が2人の所有地に違法に立ち入っていると主張し、「個人的に追及するつもりだ」と発言している。

 レーク・イラワラ署では、「そのカップルが警察官の指示を拒否するのは、7月初めに2人の子供と一緒にVIC州から戻って以来3度めだ。2人はこれまでも強制自己隔離期間に数回自宅を抜け出し、公衆衛生命令に違反している」と発表している。

 警察官が再び2人の自宅を訪れ、36歳の男性には、「複数回保健衛生ガイドライン遵守義務違反容疑で出廷命令」通告書を手渡し、37歳の女性には1回のガイドライン遵守義務違反で$1,000の公衆衛生違反通告を手渡した。

 同署は声明を発表し、「公衆衛生法に基づくすべての命令の遵守が確認されるまで積極的に2人の自宅を訪問し続ける」と述べている。
■ソース
Border Control Order breaches for refusing COVID-19 compliance checks attracts fine, court date

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る