週明けの朝、タウンホール駅で通勤客ら避難

エンジン室から煙発生し火災警報鳴らす

 10月14日朝、シドニー市内タウンホール駅で火災警報が鳴り、通勤客らが避難した。

 シドニー・モーニング・ヘラルド紙(SMH、電子版)が伝えた。

 NSW州消防救助局発表によると、朝9時33分に駅から第一報が入り、5分後にはタウンホール駅の通勤客らの避難が始まった。

 同局広報担当官の発表によると、駅構内を調査した結果、エンジン・プラント室でベアリングのオーバーヒートから煙が発生し、その煙を火災探知機が感知して警報を鳴らしたものと判明した。

 消防救助隊の追加出動はないが、後始末のためしばらく避難が続けられた。

 また、シドニー鉄道のツイッター・アカウントに挙げられたコメントによると、列車は運行しているが、タウンホール駅には停まらず、通過し、タウンホール駅に行く乗客は前後の駅で乗降することになっている。

 その後、午前10時過ぎにはタウンホール駅の営業が再開され、ほぼ影響はなくなったと発表している。
■ソース
Town Hall station evacuated due to smoke in engine room

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る