オーストラリアで本格的なサステナブル体験を

ただの観光では物足りない方へ
オーストラリアで本格的なサステナブル体験を

先月、オーストラリアのニュースでは「citizen scientists(市民科学者)」と呼ばれる人々が、シュノーケリングでグレート・バリア・リーフの調査をしていたところ、高さ5メートル、幅10メートルを超える400年前の史上最大にして最古のサンゴの塊を発見したことが報じられました。

3-1

オーストラリアの観光事業者は、こういった市民科学者と協力して自然保護プログラムを開発したり、旅行者が短期間でも保護活動に貢献できるような機会を増やしています。

クイーンズランド州南東部とニュー・サウス・ウェールズ州北部にある4つの河口で毎月ボランティアがイルカの調査を行うプロジェクト「ヘルシー・ウォーターウェイ・ドルフィン」を実施。調査中に収集したイルカの行動や識別に関するデータをモニターし、習性について理解を深めます。プログラム参加者はドルフィン・エコロジー・ワークショップなどに参加して、さまざまな種類のイルカの識別方法をはじめ、生物学や生態、環境、イルカの生存を脅かすものなどについてのトレーニングを受けます。

3-2

タスマニアには、野生動物とペンギンケアのボランティアプロジェクトがあり、ホバートから約2.5時間の場所にあるタスマニアの野生動物保護施設で旅行者が弱い立場にある野生動物の一時的な避難所サポートと動物のケアを支援することができます。最低2週間の滞在中、ボランティアは日々の管理を手伝い、タスマニアデビルなどのオーストラリアの野生動物について学ぶ機会が与えられます。

3-3

◇オーストラリアの持続可能な観光体験については、こちら

◇ヘルシー・ウォーターウェイ・ドルフィンは、こちら

◇タスマニア・ワイルドライフ&ペンギン・ケアは、こちら

 CJM Lawyers  Harding legal 幌北学園 kidsphoto nichigowine
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide Covid-19 最新情報

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL


新着イベント情報

新着イベントをもっと見る