機内荷物を乱暴に投げつけた 空港職員2人クビ

SHARE

ソーシャル・メディアで動画拡散

ABCが公開した動画より

 機内預け入れ荷物の地上取り扱い業務を手がける「スイスポート」のオーストラリア法人は8日、メルボルン空港でカンタス航空の客の荷物を投げつけていた職員2人を解雇した。公共放送ABC(電子版)が伝えている。

 何者かが秘密裏に撮影した動画がソーシャル・メディアに流出、拡散したことから、職員の乱暴な行為に批判が集まっていた。

 ABCが公開した動画には、2人が機内から空港内に運ばれてきた荷物を乱暴に扱っている様子が写っている。2人は会話しながら、客のスーツケースなどをベルトコンベアーに投げつけるだけではなく、時折、わざわざ高い位置に持ち上げ、勢いを付けて投げ落とすなど、荷物が破損しかねないような悪質な行為を続けていた。動画を誰が撮影したかは分かっていない。

 雇用主のスイスポートは緊急に調査を行い、2人の職員を特定。同社の広報担当者は「数人の個人による容認できない行為が、私たち全チームの仕事の質を傷付けたことは許されない」と述べ、2人を即刻解雇したことを明らかにした。

 同社は約3,000人の職員のうち「ごく少数」による行為だったことを強調した上で、顧客の持ち物を注意深く扱うようスタッフに周知したという。

■ソース
Baggage handlers filmed throwing Qantas luggage at Melbourne Airport sacked by Swissport(ABC News)

SHARE
Google Adsense