日豪フットボール新時代(NAT)第110回「男泣き」

第110回 男泣き
文・植松久隆 Text: Taka Uematsu

試合直後、この姿勢のまましばらく動かずにいた伊藤の脳裏には何がよぎったのだろうか(筆者撮影)
試合直後、この姿勢のまましばらく動かずにいた伊藤の脳裏には何がよぎったのだろうか(筆者撮影)

先月号で、今年はローカル・シーンで日本人選手の活躍が目覚しいと書いた。それから約1カ月経っても、その勢いは止まらない。各州のナショナル・プレミア・リーグ(NPL)王者の対戦、ファイナルズ・シリーズでは、岡田武瑠が所属するニュー・サウス・ウェールズ(NSW)州の覇者ウーロンゴン・ウルヴズが準決勝まで勝ち上がっている。日本の天皇杯に当たるFFAカップでも、大森啓生所属のブリスベン・ストライカーズが準決勝進出と快進撃を継続中だ。

そんな中、1人のベテラン、NPLQ(QLD州1部)の強豪を7年もの長きにわたり支え続ける伊藤和也(32)が、今季の全日程を終えた。今季を4位で終えた伊藤所属のオリンピックは、上位4チームが争うファイナルの初戦で、リーグ戦を制したライオンズFCに快勝。年間王者を決めるグランド・ファイナル(GF)に2年連続での進出を決めた。

オリンピックは、NPLの全国導入初年度となった2013年の王者で、昨年は5年ぶりにGFに進むもライオンズFCの前に涙を呑(の)いた。4位から下剋上を目指すことになった今年のGFは、伊藤にとっても7年間のキャリアで積み上げたもの全てを賭けて臨む大事な試合。FFAカップではベスト16まで勝ち上がるも、Aリーグのアデレード・ユナイテッドに2度先行されながら追いつく接戦の末に、最後は相手のPKが決勝点となる2-3と惜敗していただけに、この試合に懸ける思いもなおさら強かった。

そして迎えたGFだったが、また勝利の栄光にはあと一歩、届かなかった。強敵ゴールドコースト・ナイツに1-2で敗れた直後の伊藤は、声を掛けるのをためらうくらいに憔悴(しょうすい)っていたが意を決して、引き上げる直前の彼に声を掛けた。悔しさをこらえるように質問に答えてくれていたが、試合後にピッチで駆け寄った5歳の息子とのやり取りについて尋ねると、何とかこらえていた感情が堰(せき)を切ったように溢れた。「僕、もう若くないですから。だから、本当にこのチャンスを逃したくなかった」と男泣き。

目の前で、心より欲したタイトルを逃した男が悔し涙にくれている。気が付くと、自分ももらい泣きしていた。筆者の息子がたまたま同じクラブ所属だったという縁で「伊藤和也」というフットボーラーの7年の挑戦を近くで見続けてきたからか、個人的な思い入れが強過ぎたのだろうか。取材で涙したのは、後にも先にもこの時が初めてだが、それだけ、何としても勝たせてやりたい試合だった。


【うえまつのひとり言】
ラグビーW杯が開幕した。楕円のボールと丸いボール、同じ“フットボール”でも全然違うサッカーとラグビー。その競技が持つカルチャーも違う。そんな彼我(ひが)の違いを楽しみながら、“一生に一度”の大会を楽しもうと思うが、やはり気になるのは丸いボールのフットボール界隈……こればかりは、どうしようもない。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る