ゴルフ保険について教えてください

日豪プレス何でも相談

保険

Q

9月の人事異動でオーストラリアに赴任しました。せっかくの良い環境なので週末にゴルフを楽しみたいと考えていますが、あまり腕に自信がなく、何か事故などが起こった時のために保険を検討しています。どのような内容のものがありますでしょうか。(31歳会社員=男性)

A

オーストラリアは保険の内容や料金などが、自由マーケットとなっているので保険会社によって何を補償するのかは千差万別となりますが、一般的なゴルフ保険について、主に以下のような補償が必要だと考えられます。

  1. ゴルフ・クラブやカートなどの道具に対する物損補償
  2. 他人にけがをさせてしまった場合の賠償責任補償
  3. 自身がけがをしてしまった場合の傷害補償
  4. ホール・イン・ワン達成時の保険補償

保険のアレンジ方法として、それぞれの補償を個別に掛けることもできます。しかし、保険会社によっては全体を包括して手配できるような商品を持っていることがあります。補償内容については、以下の通りです。

  1. ゴルフ・クラブに対する物損補償

    家財保険で付保することもできますが、ゴルフ保険で盗難も含めて一括して補償できるのが通常です。その場合でも老朽化やそもそものデザイン上の不備などは除外されます。ショットがうまくいかず、クラブに八つ当たりした結果、壊れてしまった場合も保険対象外となりますので注意してください。

  2. 賠償責任補償

    プレー中の事故により第三者にけがを負わせたり、打ったボールで誰かの物を壊してしまった場合に、けがの治療費を請求される、もしくは物損に対する弁償を求められた場合の法的責任を補償します。その際、併せて抗弁費用が発生する場合には、それも含めて補償対象として扱えるよう保険手配できるのが一般的です。

  3. 傷害補償

    プレー中の事故によってけがや後遺障害を負った場合、もしくは最悪のケースとして死亡した場合に、事前に定められた一時金が保険金として支払われる補償です。あくまでも一時金なので医療行為が発生した場合の治療費が幾ら掛かったのかということとは切り離されて保険金が支払われます。

  4. ホール・イン・ワン達成時の保険補償

    オーストラリアではそもそもその習慣自体がそれほど浸透していないので、保険もそれほど高額な補償が設定されていないのが一般的です。また保険の補償条件についても、正式なコンペでの結果に限るなどの条件が付くことが多くあります。

保険の申し込みには、住所・氏名・連絡先などの非常に簡単な情報だけで事足りることが多く、年間包括で保険を掛けていればいつでも安心してプレーできますので、練習を重ねてうまくなるまでは一考の価値はあるかもしれません。うまくなった暁には、高級クラブが欲しくなるかもしれません。その場合でもゴルフ保険は引き続き有効だとも言えます。

*オーストラリアで生活していて、不思議に思ったこと、日本と勝手が違って分からないこと、困っていることなどがありましたら、当コーナーで専門家に相談してみましょう。質問は、相談者の性別・年齢・職業を明記した上で、Eメール(npeditor@nichigo.com.au)、ファクス(02-9211-1722)、または郵送で「日豪プレス編集部・何でも相談係」までお送りください。お寄せいただいたご相談は、紙面に掲載させていただく場合があります。個別にご返答はいたしませんので、ご了承ください。


斉藤 大(さいとう だい)
エーオン・リスク・サービス・オーストラリア
ジャパン保険サービス部

世界最大手のリスク・コンサルタント会社豪州法人の日系専門部署で日々日系企業顧客の法人・個人保険アレンジ、事故処理などを担当

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る