アマゾン、何百万もの商品をオーストラリアにて販売開始

ついにオーストラリアでアマゾンのリテール販売開始



 12月5日火曜日、ついにオーストラリアの3,000億ドル規模の小売り市場が世界のオンラインショッピングを席巻する大企業アマゾンに直面することとなった。

 シドニー・モーニング・ヘラルド紙(電子版)が伝えた。

 アマゾンはメルボルン東部に所持する独自の倉庫にて注文を受け配送する予定で、何百万にも及ぶ商品は、家電製品、スポーツやアウトドア、おもちゃ、ホーム・キッチン用品、服飾などの23のカテゴリーに分けて販売される。

 アマゾンは消費者に直接商品を販売、配送するだけでなく、アマゾンのウェブサイト上にてマーケットプレイスと呼ばれる他の小売業による販売を開始している。

 4月にアマゾンは、オーストラリアにて電子書籍等の販売だけでなくその他の小売り販売へと拡大することを認めたが、どのような商品を販売する予定なのかは秘密にされてきた。

 今回の23のカテゴリーでの販売は、スペインやカナダ、イギリス、アイルランド、イタリア、ブラジル、日本などすでにアマゾンがオンライン・ショッピング・サイトを持つ各国よりも広範になっている。

 アマゾンは、オーストラリアで人気のブランド、BONDS、Puma、Lego、L’Oreal、Sunbeam、Huggies、Tommy Hilfiger、その他プライベート・ブランドなどが販売契約にサインをしたと伝えており、おむつなどのベビーグッズ、キッチン用品、オフィス必需品、靴、時計などが販売される。

 アマゾンオーストラリアの責任者Rocco Braeuniger氏は、定期的に商品やサービスを追加、充実させていく予定だと発表し、「来年にはオーストラリアの消費者の信頼を勝ち取り、得意客を増やしていくことを願っている。」と語った。

 

独自の配送サービスはオーストラリアでも提供の予定



 既に展開している各国でアマゾンが人気である要因として配送の速度が上げらるが、オーストラリアでは次の日までの配送が、シドニー、メルボルン、ブリスベン、アデレード、キャンベラの各大都市で$9.99での取り扱いとなる。パースやNSW州、ヴィクトリア州、南オーストラリア州の各地方都市では2日配送が$11.99とされた。

 上記の各大都市では土曜日配送を選択でき、その他の地域ではプライオリティー配送の価格は$19.99となる。

 2-3日内のお急ぎ便は、東部の大都市にて$5.99、パースで$7.99とされ、アマゾンが直接販売する商品を$49以上購入することで無料配送を選択することができるが、こちらは配送に3日~1週間の時間を要する。

 アマゾンで人気の無料でお急ぎ便が利用できる「プライム・会員サービス」は来年中ごろの開始を見込んでおり、注文から2時間以内の配送を行う「プライム・ナウ」サービスに関してはその後の対応となると説明している。

 

オーストラリアのリテール業界に大きな影響、クリスマス商戦が激化の見込み



 これまでオーストラリアの消費者はアマゾンUSのウェブサイトを利用してきたが、オーストラリアへ配送してくれる商品は限定されていた。

 アマゾンがオーストラリアにやってくるというニュースは、過去オーストラリアの小売業界のシェア・マーケットに影響を与えてきた。Citiのアナリストは、先月までアマゾンがクリスマス商戦に乗り込んでくることはないと見込んでいたが、今ではその他の小売企業達は利益を犠牲にしても、アマゾンに対抗するためには値下げに踏み切るしかなく、特に家電製品に関しては、10%ほどの値下げをするほかないだろうと予想している。

 UBSのアナリストであるBen Gilbert氏は、先週「アマゾンの進出によってオーストラリアのオンライン・ショッピングは1歩前に進むことになる。また、消費者がオンラインで購入するという行動パターンを後押しするだろう。」と語った。

 2017年には、小売業全体が2.9%の伸びとする中、オンラインの小売業に関しては13%の成長を見せている。

 アマゾンは、WesfarmersとWoolworths、Commonwealth Bank、Westpacをすべて合わせた売上げの2倍以上の約7,370億オーストラリアドルの売上げを持つ。

 アナリストや小売業界の関係者は、アマゾンがマーケット・プレイス参加企業に販売開始の準備を呼びかけたことを受け、「ブラック・フライデー」や先週の「サイバー・マンデー」といったショッピング・イベントに販売が開始されるのではと見込んでいた。そのため関係者はクリスマス商戦前にひやひやとさせられていたが、結局はその後の12月5日に引き延ばされた形となった。

■ソース
Amazon launches in Australia with ‘millions’ of products, hopes to win consumers’ trust

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る