シドニーの賃貸住宅空き室率記録的な高水準に

13年ぶり、6月には2.8%の物件が空き室のまま

 シドニーの賃貸住宅物件の空き室率が2005年以来最高水準に達したことが伝えられている。

 不動産アナリスト企業のSQM Research社が毎月の賃貸住宅空き室統計をまとめているもので、2018年6月にはシドニーの賃貸不動産の2.8%が空き室のまま借り手のない状態になっていた。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 前月の5月の2.5%から跳ね上がっており、SQM社がデータを記録し始めた2005年以来で最高の数字になっている。同社のルイス・クリストファー取締役社長は、「毎年初冬には賃貸空き室が増えるものだが、この数字は通常よりかなり悪い。この業界で仕事をしてきたが、シドニーが買い手・借り手市場になったというのはこれが初めてだ。シドニー地域はかなりの人口がもっと安い都市や地方に流出していて人口増がやや鈍ってきているところに新規アパートメント・ブロックが大量に出回り始めたことが原因になっている。シドニーの賃貸はこの1年値下がりを続けており、さらにアパートの供給がどっと出てくることが予想される」と述べている。

 また、「最近はシドニーやメルボルンの高い住宅価格を嫌ってQLD州に移住する人が増えており、そのためにブリスベンの賃貸住宅空き室率がこの1年で3.6%から3%に下がっている」と述べている。

 パース、ダーウィン両市の空き室率はそれぞれ4.1%、3.5%とシドニーより高くなっているが、パースの場合には2017年6月の空き室率が5.4%あったことからむしろ改善されている。

 メルボルンとアデレードの賃貸住宅空き室率はいずれも2%以下で、キャンベラ、ホバートはさらに1%未満となっている。

 また、賃貸料が下がっているのもシドニーだけで、過去1年で住宅の場合2.2%低下、アパートで0.1%の低下となっている。ただし、住宅で週$709、アパートで週$522と国内でもっとも高い都市になっている。
■ソース
Rental vacancies in Sydney hit record high, rents likely to keep slipping

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る