グルート・アイラントで衝突、2人死亡

2家族がヤリやナタを持って乱闘

 コミュニティの資金を管理していた会計担当者が150台を超える自動車を購入するなど、個人の使い込みとは考えられない額を横領するという事件が起きたグルート・アイラントは北部準州(NT)アーネムランドの東、カーペンタリア湾に浮かぶ島だが、今度は島の対立する2家族がヤリやナタを持って衝突し、2人が死亡、1人が重傷でダーウィンの病院に運ばれるという騒ぎが起きた。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 事件は11月6日、アングルグの町で起きており、事態を鎮静させるため増援の警官が送り込まれた。トニー・フラーNT警察コマンダーは、「非常に深刻な事態だ。地元民もこの悲惨な事件を憂慮しており、警察も憂慮にたえない。事件のいきさつを把握し、事態を鎮静させ、町ができるだけ速やかに正常化するよう、警察も地元コミュニティと緊密に連携して対応する」と声明で述べている。

 現地の消息筋に取材したオーストラリアン紙は、「現地で1人が死んでおり、それをめぐってマムリカ一族とアムグラ一族の間で緊張が続いていたが、とうとう爆発的な衝突になった」との情報を掲載している。

 グルート・アイラントはカーペンタリア湾最大の島で人口は1500人。
■ソース
Two killed in massive brawl involving spears and machetes on Northern Territory’s Groote Eylandt

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る