ABC取材班、マレーシアで逮捕される

「Four Corners」で腐敗疑惑取材中

 ABC放送の時事番組「Four Corners」取材班が、マレーシアで政府高官の腐敗疑惑を取材中にマレーシア官憲に逮捕された。取材班は起訴なしで釈放された。

 3月13日付ABC放送(電子版)が伝えた。

 逮捕されたのはレポーターのリントン・ベッサー氏とカメラマンのルイス・エログル氏で、3月12日夜、野党などからは、首相の罷免を要求する声が挙がっており、腐敗スキャンダルについて、クチン市でナジブ・ラザク現首相に質問しようとしたところを警察官に逮捕された

 2人は釈放の条件としてパスポートを取り上げられ、出国するなと命令された。

 プログラムのサリー・ネイバー・プロデューサは、ツイターを通じて、「逮捕はラザク首相を巻き込む腐敗疑惑取材に関連している」と発表している。

 また、「マレー・メール・オンライン」によると、2人は、警備陣の「立入禁止線」を越えた容疑で逮捕された。また、警察は刑法の公務員職務妨害行為に関する第186条違反の行為に関する捜査を行っている。

 先週、マレーシア国内の様々な政治党派のリーダーが集まり、スキャンダルにまみれた首相を罷免するよう求める話し合いを行った。

 ナジブ氏(62)は、1年以上前に14億ドルの金が自分個人の預金口座に14億ドルの金が振り込まれたという容疑で激しい非難を受けているが、無実を主張している。
■ソース
ABC Four Corners team arrested in Malaysia over reporting on corruption allegations

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る