ムービー・ワールドのコースター故障

乗客13人線路頂上などで救出される

 3月15日、QLD州ゴールド・コーストのムービー・ワールドでローラー・コースター(ジェットコースター)の車両2両が停止し、乗客13人のうち6人は3時間後にようやく救出された。現場では故障原因の調査が進められている。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 同テーマ・パークのグリーン・ランタンと名付けられたローラー・コースターで車両2両が停止した。午後1時10分頃、通報で消防署員が到着、頂上近くに停止していた車両の6人を救出した。6人はゴールド・コースト大学病院に収容されたがいずれも容体は安定している。もう1台の車両は7人を載せ、他の位置で安全装置が作動したために停止したもので、1時50分頃には全員がはしごを伝って無事に地面に降り立った。

 ムービー・ワールドは、「グリーン・ランタンには複数の冗長型安全装置が備えられており、乗客の安全を図っている。整備士や技師が調査し、機械の問題箇所を突き止めるまで運転を再開しない」との声明を発表している。

 車両に乗っていた客は、「みんな大騒ぎし始めて、まるで映画を見ているみたいだった」と語っている。

 ムービー・ワールドのウエブサイトによると、グリーン・ランタンは南半球ではもっとも急傾斜を下る乗り物で高さは33m、トップ・スピードは時速66kmになる。(Ratei)
■ソース
Movie World launches investigation after 13 people rescued from rollercoaster on Queensland’s Gold Coast

http://www.abc.net.au/news/2015-03-16/movie-world-launches-investigation-after-rollercoaster-rescue/6321720

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る