シドニー首都圏、夜間に入って嵐も

29日も引き続き荒天の予報

 1月28日、気象庁(BoM)は、「嵐がキャムデン地域から北上しており、夜に入って雷を伴う激しい暴風雨がシドニー首都圏西部に到達する。風による被害の他、大型の雹が降る可能性もある」と警報を発令している。

 バジェリーズ・クリークですでに最高風速が102km/hに達しており、ボーカム・ヒルズ、ブラックタウン、ルーティ・ヒル、スコフィールズ、トゥーンガビー、ウェントワースビルなどは午後6時前から暴風雨圏内に入る見込み」と発表している。

 また、嵐は、午後6時半頃にはホーンズビー、ベロウラ、デュラル、グレノリー、ケントハースト、ソーンリーに到達する見込み。

 フェアファクス・メディアの気象情報部、ウェザーゾーンのトリスタン・マイヤーズ気象学研究者は、「28日の嵐は29日にシドニー首都圏に到達する見込みの大きな嵐の前触れ。29日には朝から午後遅く、あるいは夜まで激しい嵐の確率がかなり高くなる。突風、豪雨、ところによっては雹も降り、かなりの被害が出る可能性がある。この不安定な気象はNSW州のかなりの地域を覆っている広い低気圧が原因しており、さらにVIC州からも低気圧が北上してきているため、二つが合わさってさらに威力を増すおそれがある。このような複雑な低気圧の動きは予想が難しいため、常に最新の気象警報に注意しなければならない」と語っている。

 また、この低気圧は州上空に停滞するか、あるいは30日に州に引き返してくる可能性がある。31日までには暴風雨の確率も下がるが、2月4日くらいまではほぼ毎日にわか雨が降る状態が続く、と予報している。
■ソース
Sydney weather: Evening storm a pointer to Friday’s tempests

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る