「住宅購入にスーパー引き出し」と財相

キーティング元首相と経済界は批判的

 ジョー・ホッキー財相は、「初めての持ち家購入者が自分のスーパーアニュエーション(以下スーパー)口座から資金を引き出せるようにしたい」と発表したが、これに対して、スーパー生みの親であるポール・キーティング元労働党連邦財相・連邦首相から批判が出るとともに経済界からさえ批判が出ている。また、住宅不動産投資熱を抑えず、購買力を支える政策では単に住宅価格を押し上げるだけとの批判が飛び出している。

 シドニー・モーニング・ヘラルド紙(電子版)が伝えた。

 キーティング氏は、「国民が若いうちにスーパー貯蓄から引き出せるようになれば、退職した老後にはそれだけ引き出す金が減り、ひいては連邦政府の高齢者介護予算への圧力を高めることになるだけだ。自由党が倹約を評価するとは思ったことがないが、自由党は保守派である限り、倹約を奨励するものと思うのが普通だ。しかし、オーストラリアの自由党は倹約を信じておらず、チャンスさえあれば、オーストラリアの国民全加入スーパーをいつでもご破算にしようとしている」と語った。

 先週の「世代間報告書」では、トニー・アボット保守連合政権は、オーストラリアの人口増加と高齢化を予想する報告を出しており、スーパーなどの貯蓄を増やすことを呼びかける内容になっていた。しかし、今度のホッキー発言は、スーパーを取り崩して初めての持ち家購入やまた教育費に充てるよう勧めるものになっている。

 インダストリー・スーパー・オーストラリアのデビッド・ホワイトリーCEOは、「初めての持ち家頭金4万ドルは、10万ドルの複利が消えることから総額で14万ドルのスーパー減になる」と試算している。バンク・オブ・アメリカ・メリル・リンチのソウル・エスレーク主任エコノミストは、「スーパーから引き出しても将来的に住宅価格の上昇で相殺される可能性もあるが、何の保障もない」と語っている。また、「初めての持ち家購入者の住宅購買能力を引き上げても住宅価格が上がるだけ。住宅不動産の投資的魅力を下げるしかない」という声も挙がっている。
■ソース
Joe Hockey’s super idea not so super, say Paul Keating and industry chiefs

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る