SA州、藁積んだトラック、決勝ライン・アーチに突っ込む

ツアー・ダウン・アンダー自転車レースで、選手は無

 1月11日、SA州アデレード市の東、アデレード・ヒルズで開かれていた「ツアー・ダウン・アンダー(TDU)」自転車レースの決勝ラインになっていたグメラチャのメイン・ストリートに設置された決勝ライン・アーチに藁束を満載したトラックが突っ込み、空気を詰めたプラスチック製のアーチをそのまま引っかけて走り抜けるという椿事が起きた。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 トラックが突っ込む直前にサイクリストの一団が走り抜けており、その後を追うようにトラックが突入。アーチの先で停止した。

 事件当時、ABC放送のセーラ・ハンコック氏とカメラマンのハイダー・ジョーンズ氏が取材中で、この椿事はABC放送で流された。

 TDUレース中は、選手が安全にレース展開できるよう時間を決めてレース・コースは通行止めになるが、なぜ、トラックが入り込んだのかは伝えられていない。

 しぼんだアーチはレース・スタッフが応急処置で穴を塞いで空気を入れ、女性グループのトップ、地元のアネット・エドモンドソン氏が決勝ラインを通過する時には所定の場所に据えなおされていた。

 オープニング・ステージには100人を超える女性が出場しており、男性の部は来週開かれる。
■ソース
Hay truck crashes through Tour Down Under finish line in Adelaide Hills

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る