【PR】「サイボウズデイズ2018東京」参加レポート

PR

kintone Australia

キントーン導入をご検討されている方はウェブページ、フェイスブック・ページなどからお問い合わせください
kintone Australia Suite 3704, Level 37, Gateway, 1 Macquarie Place, Sydney NSW
WEB: www.kintone.com.au Facebook: kintone community in Australia


「サイボウズデイズ2018東京」参加レポート

11月7日、8日の2日間にわたって開催された「サイボウズデイズ2018東京」に参加してきました。今年のテーマは「楽しいは正義」。会場の雰囲気はそのテーマにぴったり!まるでテーマパークのようでした。参加者は両日合わせて7,000人。今月は、イベントの様子をレポートします。

約70社の企業が参加

今年は約70社の企業が展示ブースを出展。それぞれのブースでは各社が提供しているさまざまなKintoneとの連携サービスを紹介していました。「Kintoneでできないことはないんじゃないか……!?」、そう思わせるほどのさまざまなサービスが充実した中で、気になったサービスを幾つかご紹介します。

Web会議

Twilio/KDDIウェブ・コミュニケーションズの連携サービスは、Kintone内でウェブ会議を可能にします。
 ウェブ会議の内容は録画可能で、Kintone内に自動で保存されるという優れものです。「議事録を取り逃した」という問題が解消され、会議に参加できなかった人も、会議内での発言のニュアンスや雰囲気など、従来では「その場にいた人にしか分からなかった」小さな情報まで共有が可能です。

問い合わせフォーム

サイボウズ・スタートアップスの「フォームブリッジ」というサービスを利用すれば、問い合わせフォームやセミナー受付、更にアンケートにも使える高機能なウェブ・フォームを、Kintoneと同じくドラッグ&ドロップでの簡単な操作で作ることができます。Kintoneの入力画面では実現できない条件分岐や複数ステップにわたるフォームにも対応しています。
 作成したフォームに入力された内容はもちろんKintone内の指定のアプリに自動的に保存されます。アンケート結果をすぐに集計・分析することが可能です。もうアンケート結果をまとめる必要はありません。

プログラム不要のカスタマイズ・ツール

今回一番驚かされたのが、アール・スリー・インスティテュートからリリースされた「gusuku Customine」です。何と、Kintoneのカスタマイズがプログラムを書かずに実現できるというもの。
 Kintoneの標準機能ではできなかった、プログラムを書く必要のあった「ボタンを出現させる」「色を変える」「無効化する」など、このサービスを使えば、JavaScriptの知識は要らず、設定画面で「やること」と「条件」を用意された日本語メニューから選ぶだけで設定可能です。
 例えば、「やること」に「一覧画面にキーワードで検索する検索フォームを設置する」を選択し、「条件」に「一覧画面を表示した時」を選択します。するとgusuku Customineが30秒ほどの間にプログラムを作成し、アプリに反映します。この間あなたは画面を眺めているだけです。たったこれだけで一覧表示画面には検索エリアが追加されます。
 「開発業者に頼むほどではないけれど、ちょっとこうしたいな」と思った時にすぐに悩みを解消してくれるサービスだと言えるでしょう。同サービスは、11月2日にアメリカ・サンフランシスコで行われた「Kintone Connect」でも発表され、高い評価を得たそうです。英語版にも対応しており、アプリのみのカスタマイズだと無料で利用可能なので、ぜひ使ってみてください。

矢内石油・矢内哲氏がグランプリ! 白熱したKintone Hive!

「Kintone Hive」とは、日頃から業務の中でKintoneを活用しているユーザーが一堂に会し、Kintoneによる業務改善プロジェクト成功の秘訣や活用のコツをユーザー視点で解説、貴重なノウハウやアイデアを交換するイベントです。

今年も、「Kintone AWARD2018」にKintone Hiveの中から選出されたKintoneユーザーが、それぞれの業務改善について熱く語るイベントが開催されました。

登壇者は、株式会社カクイックス・福里直也氏、有限会社矢内石油・矢内哲氏、元気でんき株式会社・河口エレキテル氏、GARO・藪賀郎氏、株式会社星野リゾート・前田文子氏の5人。皆さんの熱の込もったプレゼンテーションで、会場は大盛り上がりでした。

そして、今年のグランプリは、仙台地区代表・矢内石油・矢内哲氏が獲得しました。矢内氏のプレゼンテーションの中で以下の言葉が胸に刺さりました。

「僕はずっと『忙しい』は『正義』、『暇』は『悪』だと思っていました。でも違ったんです。ゆとりがあるから、お客さんの急なリクエストにも応えることができる。余裕があるから、良い仕事ができる。Kintoneを使って、そう気付いたんです」

Kintoneを活用して業務改革を行ったすばらしい事例でした。

モバイル・アプリがリニューアル

最後に待望のお知らせがあります。今回の「サイボウズデイズ2018東京」では、Kintoneモバイル・アプリのリニューアルが正式に発表されました!

新しいUIでは、通知・コメントなど以前より更に見やすく、使いやすくなります。また、従来のバージョンではできなかったモバイルからのアプリの設定も可能に。モバイル活用の幅が更に広くなり、圧倒的にユーザー視点で使いやすくなります。新しいモバイル・アプリの実装は2019年3月ごろを予定しています。お楽しみに!

◆Kintoneに関してのお問い合わせ
Kintone Australia社は、Kintoneの販売、導入相談から導入後のサポートやカスタマイズまで、日本語で丁寧にサポートしています。ぜひお問い合わせください。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る