SNS広告を始めるならインスタグラムが良い理由

今日から売れる販促・集客のコツ

しみながら売繁盛!
楽笑マーケティング

「モノが売れない時代」における「売れる」ポイントはただ1つ、「過去の成功体験ほど疑わしいものはない」と気付けるココロです。本コラムは出版・広告業界に15年以上携わってきた著者が、販促・集客のための「気付き」を与え、あなたの“やわらかアタマ”を育てます。

SNS広告を始めるならインスタグラムが良い理由

ソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)の中でも、特に近年人気なのがインスタグラム。2017年1月にはユーザー数が6億人を超え、広告売り上げは今年40億ドルを突破するとも言われており、フェイスブックが10億ドルで買収した12年以降、急成長を遂げています。そんな中、SNS広告が意外とスモール・ビジネスでも利用しやすいということはあまり知られていないようです。そこで今回は、インスタグラム広告の基本について解説したいと思います。

インスタグラム広告の種類は17年5月現在、以下の4種類です。

①写真広告 
 インスタグラムのタイムラインに表示される写真を利用した広告は、コール・トゥ・アクション(CTA)ボタンが付き、ウェブやアプリに誘導することが出来ます。

②動画広告
 タイムラインに最大30秒の動画広告を掲載出来ます。写真広告同様、CTAボタンが付き、ウェブやアプリに誘導することが出来ます。

③カルーセル
 広告の写真を左にスワイプしながら見せられるスライド・ショー広告です。

④ストーリー広告
 特徴的な出来事を24時間だけ特集のように見せてくれる「ストーリー」機能を利用した広告です。動画は15秒まで、画像は1枚5秒程度の配信ですが、ユーザーの「Instagram Stories」の途中で再生されるので、リーチが高まります。

フェイスブックと同時利用で、より効果的に

インスタグラムは、フェイスブックの傘下にあるため、フェイスブックのアカウントとページがあれば広告を出稿出来ます。フェイスブック広告と同様、居住地や年齢、趣味・志向などセグメントを細かく設定出来るので、顧客ターゲットに高い確率でリーチ出来ます。

細かい広告コピーは不要。視覚的にときめく写真があればOK

インスタグラムの基本は、やはり写真と映像の良さを評価するコミュニケーション・ツールであることです。
 従来の広告はキャッチ・コピーやテキスト情報が重視されてきましたが、インスタグラム広告ではひたすらフォトジェニックな写真や動画を用意することを心掛ければ、効果が高まります。

広告費は100円から

SNS広告の多くが、自分で予算を決められます。インスタグラムも広告の配信期間や予算を自分で設定出来るので、最低100円から出稿が可能です。とはいえ、ある程度広告効果が欲しいのであれば、それ相応の広告予算が必要となるでしょう。

いかがだったでしょうか。インスタグラム広告は若者への訴求が高いことでも知られています。まだ利用したことがない人は、キャンペーンなどで1度利用してみると良いでしょう。


森茂樹
●出版・映画会社のKADOKAWA入社後、雑誌記者・情報誌編集者として従事。その後、広告制作ディレクター、専門学校広報など出版・広告業界を渡り歩く(綱渡りだけど!)。現在は、格安ホームページ制作者、販促アドバイザー、翻訳家として活動中。
Web:www.mideax.com

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る