首や肩、背中のコリや痛みへのアロマセラピー

アロマで快適生活

第42回
首や肩、背中のコリや痛みへのアロマセラピー

皆さんこんにちは。冬に入ると、筋肉が緊張することなどで体全体の血液循環が悪化し、首や肩、背中などの筋肉に痛みやコリが出てきてしまいます。更にストレスや疲労感、運動不足などが重なると、症状がひどくなり頭痛や吐き気などを引き起こしてしまうこともあります。

これらの症状への対策としては、定期的な運動(体操)や、全身浴、部分浴などが有効とされています。また温湿布などもとてもお薦めです。

今月は、この温湿布に有効なアロマセラピーのレシピをご紹介したいと思います。

湿布と言っても、非常に簡単。ハンド・タオルやフェイス・タオルを熱いお湯を張った桶(おけ)に浸してホット・タオルを作ります。これが温湿布になります。

このタオルを浸すお湯の中に精油を数滴滴下し、体への加温、血行促進、筋肉弛緩(しかん)効果などを相乗させていきましょう。香りも良いのでリラクゼーション効果などもあります。


温湿布を患部に当てる時間は30分を目安としてください。足し湯などを用意して常に温かいタオルを当てるようにしましょう。また、熱過ぎて火傷をしないように注意してくださいね。

首や肩、背中だけではなく、むくんだ足、腰、腹部(消化不良)などにもとても有効なので、さまざまな場面で使用可能です。

お子さまや妊婦の方でも安心して使用出来ます。

「コリ解消」温湿布レシピ 

♦ローズマリー
♦スイート・マージョラム
♦ラベンダー
 この3種の精油をブレンドして、目安5滴を桶に垂らして温湿布を作ってください。30分以上行う場合は、3滴程度の精油を加えると良いでしょう。

アロマセラピーで体をポカポカにして今年の冬をお過ごしください。

※スパイス系、柑橘系の精油は使用しない方が良いでしょう。※湿布をした箇所に炎症などが出た場合は使用を止めてください。
※気に入った香りでない場合は、好みに合わせて精油をブレンドしてください。



相澤正弘◎ IFA、IAAMA、ATMS、DIP AROMA、WOAA DIRECTOR、AYURVEDA AROMATEHRAPY CERT Ⅳ、REMEDIAL MASSAGE CERT Ⅳ保持。マーヴォ・アロマ・スクールを運営する傍ら、アロマセラピーを広めるべく日々活動中。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る