シネマに急げ! 日本映画際開催

スイートな名作がいっぱい

 

シネマに急げ!
第16回 日本映画祭

 

映画祭の公式ホームページもチェック!
www.japanesefilmfestival.net

今年で16年目を迎えるジャパンファウンデーション主催の日本映画祭が、9月末から12月中旬にかけて、オーストラリア主要都市8カ所で開催されている。シドニーでは11月14〜25日、メルボルンでは11月29日〜12月9日に行われ、コメディー、ドラマ、歴史もの、ロマンスとさまざまなジャンルの名作&話題作が上映される。また、日本からはビッグ・ゲスト4人の参加も予定されているので見逃せない! 本特集では、主催者であるジャパンファウンデーションのお薦め注目作品8本と、ゲストも参加するスペシャル・イベントの日程を紹介する。スケジュールをチェックし、気になる映画やイベントは早めにチケットを購入しておこう。

特集内の記号の読み方
S(シドニー)、M(メルボルン)、Unclassified 15+(レイティングは未分類なので、15歳以上のみ入場可)
<日程&チケット販売時間>
■シドニー
日程:11月14日(水)〜25日(日)
会場:Event Cinemas, 505-525 George St., Sydney NSW
チケット販売時間:毎日9:45AM〜9:45PM
 
■メルボルン
日程:11月29日(木)〜12月9日(日)
会場:作品によって映画館が異なるため、注意が必要
①:ACMI Cinemas, Australian Centre for the Moving Image, Federation Square, Flinders St., Melbourne VIC
チケット販売時間:毎日10AM〜6PM
②:Hoyts Melbourne Central, Cnr. Swanston & La Trobe Sts., Melbourne Central Shopping Centre, Melbourne VIC
チケット販売時間:毎日10:30AM〜9:30PM
 

<オンライン購入方法>
日本映画祭公式サイト(英語のみ)
Web: www.japanesefilmfestival.net
方法:上記サイトの「Films」で希望作品を選び、「Book Now」をクリックすると各映画館のオンライン・チケット販売ページにリンクされる。クレジットカードで購入可能。
 
<チケット料金>
●大人$15、コンセッション$13、
 ジャパンファウンデーション会員$11
● 5枚組チケット$60(オープニング・クロージング作品以外)
注意:各会場の窓口のみで販売(購入の際、作品を指定する)。ただし、ACMIはオンラインで購入可(www.acmi.net.au
●無料上映会(増村保造作品のみ):上映会場であるACMI窓口で、各上映日当日に受け取る
■問い合わせ
Tel: (02)8239-0055(日本語可)
Email: japanesefilmfestival@jpf.org.au

 

注目作品8

ジャパンファウンデーションが太鼓判を押す、オススメ注目作品を8つピックアップ。そのほかの上映作品は、公式ホームページで!

 


コメディ

オープニング作品

テルマエ・ロマエ

Thermae Romae

同名の超人気マンガを映画化。古代ローマ帝国の設計技師(風呂専門)が、現代日本の銭湯にタイムスリップする !? 主演は古代ローマ人役で登場する阿部寛。風呂を愛する2つの民族が出会った時、世の歴史が大きく変化する。

 
上映日:S−11月14日(水)7:30PM、24日(土)6:45PM/M(Hoyts)−11月29日(木)7:30PM、12月9日(日)4:30PM
監督:武内英樹 キャスト:阿部寛、上戸彩、北村一輝ほか(Unclassified 15+/2012年)

 
 


歴史

クロージング作品

のぼうの城

The Floating Castle

 周囲を湖で囲まれた「浮き城」の異名を持ち、人々が平穏に暮らす“忍城”に、豊臣秀吉率いる天下軍が攻め込む。しかし、でくの坊だがこの城では人気者の成田長親は、敵も味方も驚き笑ってしまような奇策で城を守ろうとする !?

 
上映日:S−11月25日(日)7PM/M(Hoyts)−12月9日(日)7PM
監督:犬童一心、樋口真嗣 キャスト:野村萬斎、榮倉奈々、成宮寛貴ほか(Unclassified 15+/2012年)

 

 


ドラマ&ファミリー
人生、いろどり

It’s a Beautiful Life – Irodori

 高齢化の進む四国一小さな町に暮らす女性3人が、葉っぱを販売するビジネスを立ち上げ、年商2億円を得て、町まで活性化させるという奇跡の実話をスクリーン化した。ベテラン女優3人の演技がキラリと光る、心温まる感動作。

 
上映日:S−11月25日(日)12:30PM/M(ACMI)−12月2日(日)7PM
監督:御法川修 キャスト:吉行和子、富司純子、中尾ミエほか(Unclassified 15+/2012年)

 

 


ドラマ
しあわせのパン

Bread of Happiness

 観終わった後にホワンと心から温まり、優しい気持ちになれる1作。とある夫婦が東京から北海道へと移り、湖が見渡せる丘の上でパン・カフェをオープンする。そこにさまざまな思いを抱いて客たちが訪れ、心の中の幸せを見出していく。

 
上映日:S−11月24日(土)3:45PM/M(ACMI)−12月5日(水)6:30PM
監督・脚本:三島有紀子 キャスト:原田知世、大泉洋ほか(Unclassified 15+/2012年)

 

 


ドラマ
わが母の記

Chronicle Of My Mother

 昭和の文豪・井上靖の自伝的小説を豪華キャストで映画化。親子の絆を描く。第35回モントリオール世界映画祭では審査員特別グランプリを受賞した注目作で、井上氏の実際の書斎や、故郷である伊豆・湯ヶ島、軽井沢などの美しい景色も必見。

 
上映日:S−11月23日(金)6:15PM/M(ACMI)−12月4日(火)6PM
監督・脚本:原田眞人 キャスト:役所広司、樹木希林、宮崎あおいほか(Unclassified 15+/2012年)

 

 


ドラマ&ロマンス
僕等がいた(前編・後編)

We Were There

同名の人気少女マンガを俳優・生田斗真主演で映画化。切なくも愛にあふれたラブ・ストーリーを描く。女子高生の高橋七美は、モテモテ男子の矢野元晴に恋心を抱く。明るい性格の元晴だが、実は元恋人を事故でなくしたという過去が…。

 
上映日:S−11月18日(日)5PM、7:45PM/M(Hoyts)−12月2日(日)4:30PM、7PM
監督:三木孝浩 キャスト:生田斗真、吉高由里子ほか(Unclassified 15+/2012年)

 

 


コメディー
ロボジー

Robo-G

 人気映画『ウォーターボーイズ』の監督による最新作。家電メーカーの窓際社員3人が社長から2足歩行ロボットの開発を命じられ、ロボット博に参加するが、開催1週間前に試作が大破! そこで、ロボットの外装におじいさんを入れるが…。

 
上映日:S−11月15日(木)6:30PM/M(Hoyts)−11月30日(金)6PM
監督:矢口史靖 キャスト:五十嵐信次郎、吉高由里子、濱田岳ほか(Unclassified 15+/2012年)

 

 


ドラマ
あなたへ

Dearest

 他界した妻から届いた絵手紙2枚を手に妻の故郷を旅し、出会う人々を通して、生前に受け取れなかった妻の思いに触れていく、心温まる感動作。6年ぶりに映画に出演する高倉健を主演に、しっとりと優しい大人の映画に仕上がっている。

 
上映日:S−11月18日(日)2:30PM/M(ACMI)−11月30日(金)6:30PM
監督:降旗康男 キャスト:高倉健、田中裕子、佐藤浩市ほか(Unclassified 15+/2012年)

 

ゲストが来豪

スペシャル・イベント

 
 今年の映画祭には4人のゲストが日本から来豪。彼らが制作または出演する作品の上映会に登場する。制作過程の丸秘エピソードや意気込みなどについて、レアな話が聞けるまたとないチャンス。日付と会場をチェックして、ぜひスペシャル・イベントに行ってみよう。

 


Photo: Shinotsuka Yoko
シドニー
監督・西川美和さん

上映作品:『夢売るふたり/Dreams for Sale』

映画『ゆれる』『ディア・ドクター』の監督、西川美和さんが、新作『夢売るふたり』上映会に参加する。デビュー作から、自らが見た夢を題材に映画を制作してきたが、この新作では夢そのものを題材に描いている。ぜひ制作の裏話にも注目したい。

 
日時:11月17日(土)6:45PM
会場:Event Cinemas George Street
 

■『夢売るふたり/Dreams for Sale』あらすじ 
東京で小料理屋を営む貫也と里子の夫婦に、ある日、店が全焼するという災難が降りかかる。すべてをなくしてやる気を失い、酔った勢いで浮気に走る貫也だが、それを見た里子は店を建てる資金を稼ぐため、夫に女たちの金を騙し取らせるという結婚詐欺を企てる。
 
▼日時:S−11月17日(土)6:45PM/M(Hoyts)−12月3日(月)6PM
▼監督:西川美和
▼キャスト:松たか子、阿部サダヲほか(Unclassif ied18+、2012年)

 

 


メルボルン
監督・内田けんじさん

上映作品:『鍵泥棒のメソッド/Key of Life』

第58回カンヌ国際映画祭受賞作『運命じゃない人』の監督、内田けんじさんが、新作『鍵泥棒のメソッド』の上映会に参加。高校卒業後、米サンフランシスコ州立大で映画を学んだという同氏の海外経験や独特の価値観にも注目してみたい。

 
日時:12月1日(土)5PM
会場:Hoyts Melbourne Central
 

■『鍵泥棒のメソッド/Key of Life』あらすじ ある男が銭湯で転倒し記憶喪失になる現場に居合わせた、売れない貧乏役者・桜井は、出来心で男のロッカーの鍵をすり替え、彼になりすますが、それは伝説の殺し屋コンドウだった。桜井は危険な依頼を受けることに。一方、自分を桜井だと思い込んだコンドウは、役者を目指し…。
 
▼日時:S−11月25日(日)12:45PM/M(Hoy ts)−12月1日(土)5PM
▼ 監督:内田けんじ
▼キャスト:堺雅人、香川照之、広末涼子ほか(Unclassified 15+、2012年)

 

 

シドニー
俳優・草刈民代さん×監督・周防正行さん

上映作品:『終の信託/A Terminal Trust』

ハリウッドでリメイクされた大ヒット作『Shall weダンス?』の俳優、草刈民代さんと、監督の周防正行さん夫妻が、最新作『終の信託』の上映会に参加する。撮影の舞台裏をはじめ、尊厳死や命、愛などをテーマとする今作への思いなどについて、興味深い話が聞けるだろう。

 
日時:11月25日(日)3:30PM
会場:Event Cinemas George Street
 

インタビューもチェック!

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る