【特集】一度訪れると魅力にはまってしまう街 バイロン・ベイ

一度訪れると魅力にはまってしまう街 バイロン・ベイ

一度訪れるとその魅力にはまってしまうバイロン・ベイ。気軽に声を掛け合う人びと、街中に溢れるウォール・アート、オーガニックの新鮮な食べ物、ヨガ、コーヒー、ファッション。海に近い街はたくさんあるが、魅力を挙げ始めるときりが無いくらい出てくる街は一体どのくらいあるだろう。以前はヒッピーの街として有名だったバイロン・ベイは今では大きく変わり、街を歩けばおしゃれなカフェやショップが立ち並び、発信されるアイテムが日本でも話題になっているほど。この特集ではバイロン・ベイのお薦めスポットをご紹介。

Spot1 アーティスティックな街並み

●街中に溢れるフォト・スポットやウォール・アート

フォト・スポットやウォール・アートが点在するバイロン・ベイでは、カメラを向ければ絵になる場所が多数ある。中でも、街の中心地にあるバイロン・フレッシュ・カフェ(MAP-1)の壁「LOVE」ブースはバイロン・ベイの新しい名所になっており、ここで撮影した写真がインスタグラムで多数アップされるほど人気に。街を歩いて自分だけのお気に入りの場所を見つけてみよう。

アーティストによって描かれた壁画
アーティストによって描かれた壁画
自由に写真を撮ることが可能なLOVEブース(左)、電柱にもアートが施されている(右)
自由に写真を撮ることが可能なLOVEブース(左)、電柱にもアートが施されている(右)
カメラを向けると絵になるビーチ(左)、街から車で10分ほどの岬にある名物の灯台(右)
カメラを向けると絵になるビーチ(左)、街から車で10分ほどの岬にある名物の灯台(右)

Spot2 ファーマーズ・マーケット

●新鮮な食材がそろう、地元住民の台所

毎週木曜日の早朝から開催されるファーマーズ・マーケットでは、地元の農家が季節の野菜を中心に販売したくさんの人が集まる。オーガニックの食材も販売され、コーヒー、蜂蜜、味噌、漬物など豊富な種類の商品が売られている。広場内ではミュージシャンが演奏し、ゆったりとした空気が流れている。また、敷地内にはいす、テーブルが用意されており、マーケットで買った食べ物をその場で楽しむことも出来る。朝11時前にはほとんどのお店が閉まり始めるので、早起きして出かけよう。

バイロン・ベイ・ファーマーズ・マーケット
■住所:Butler St., Byron Bay NSW
■web: byronfarmersmarket.com.au
■開催時間: 毎週木曜8AM~11AM
■MAP-2

マーケットでは日本では見かけない珍しい野菜も売られている
マーケットでは日本では見かけない珍しい野菜も売られている
ハンドメイドのジャムやペーストも販売されている
ハンドメイドのジャムやペーストも販売されている

街中で買えるバイロン・ベイお土産リスト

Broken Head Company


カフェで人気のココナッツ・ミルク入りオーガニック・コーヒーとカカオのボトル・ドリンク。独特な甘みと香りがくせになる。

Truly Tea


種類が豊富なアイス・ティー。華やかな香りのお茶はカクテルを作る際の割り物としても合う。

Byron Bay Cookies


地元で長年親しまれているクッキー。ナッツとチョコがごろっと入ったクッキーは食べ応え満点だ。

Byron Bay Coffee Company


数々の賞を受賞し、バイロン・コーヒー人気の先駆け的なメーカー。バイロン・ベイのスーパーなどでも手に入る。

Spot3 絶対に行ってみたい「バイロン・ベイ注目ショップ」

個性的なお店がひしめきあうバイロン・ベイ。表通りだけでなく、少し路地に入ってみると新しい発見があることも。今注目のお店を厳選!

Red Ginger

●手作り飲茶が大人気のアジアン・ストア

一歩足を踏み入れた途端、古き良き上海に来たような店内には、アジア各国から取り寄せた食材や雑貨が販売されている。「レッド・ジンジャー」オリジナルのオーガニック・ティー、デザート、飲茶があり、特に人気の飲茶は冷凍品も販売されているため、自宅で簡単に本格的な味が楽しめる。

飲茶は店内でも味わえ、1個単位から購入出来る。オンラインでも購入が可能だ(左)、ベジタリアン向けの飲茶も大人気(右)
飲茶は店内でも味わえ、1個単位から購入出来る。オンラインでも購入が可能だ(左)、ベジタリアン向けの飲茶も大人気(右)

レッド・ジンジャー
■住所:111 Jonson St., Byron Bay, NSW
■Tel: (02)6680-9779
■Web: www.redginger.com.au
■営業時間:月~金9AM~6PM、土9:30AM~5:30PM、日10AM~5PM
■MAP-3

The Top Shop

●ローカル御用達のカフェ

街の中心地から徒歩で20分ほど離れた住宅地の中にあるコーヒー・ショップ。サーフィン帰りのローカルの人でにぎわっている。コーヒー以外にもバーガーや自家製のパンが人気。敷地内には広い芝生の庭があり、寝転びながらくつろげ、ピクニック気分が味わえる。

爽やかな雰囲気が印象的な店内。朝食とランチのメニューがある(左)、自家製のデニッシュとフラット・ホワイト(右)
爽やかな雰囲気が印象的な店内。朝食とランチのメニューがある(左)、自家製のデニッシュとフラット・ホワイト(右)

トップ・ショップ
■住所:65 Carlisle St., Byron Bay, NSW
■Tel: (02)6685-6495
■Facebook: Top Shop Byron Bay
■営業時間:6:30AM~4PM

Leaf & Grain

●地元の新鮮な食材を贅沢に使用

バイロン・ベイでおいしいサラダが食べたくなったら迷わず行きたくなるお店。地元で仕入れた新鮮な野菜で作った日替わりのサラダは人気メニューだ。サイズは3種類、10ドルから購入出来る。しっとりふわふわのバンズがおいしいバーガーは、見た目はボリューミーだが、ぺろりと食べれてしまうおいしさ。

気さくな笑顔で迎えてくれるスタッフ(左)、サラダは2種類ミックスも出来る(右)
気さくな笑顔で迎えてくれるスタッフ(左)、サラダは2種類ミックスも出来る(右)

リーフ&グレイン
■住所:6/87 Jonson St., Byron Bay NSW
■Web: www.leafandgrain.com.au
■営業時間:毎日6:30AM~3PM
■MAP-4

The Farm Byron Bay

●広大な農園の中にある複合施設

バイロン・ベイからハイウェイM1に入るすぐ手前にある人気のスポット。80エーカーを超える広大な土地には農園、カフェ、レストラン、花屋、オーガニック食品を中心としたショップが併設されている。レストランで提供される料理は園内で栽培、チーズなども自家製だ。農園の中はファーム体験などのワークショップも開催されている。

農園内で作られたオーガニック食品が多数そろえられている(左)、赤いトラックの看板が入り口の目印(右)
農園内で作られたオーガニック食品が多数そろえられている(左)、赤いトラックの看板が入り口の目印(右)

ファーム・バイロン・ベイ
■住所:1 Ewingsdale Rd., Ewingsdale NSW
■Tel: (02)6684-7888
■Web: www.thefarmbyronbay.com.au
■営業時間:7AM~4PM(レストラン営業時間は異なる)

Truly Tea

●誰かに買って帰りたくなるオリジナル・ティー

オリジナル・ティーのブレンドを全て担当するナイヨリさんは紅茶で有名なスリランカでお茶について学び、ビーチに近い街の中心地にトゥルーリー・ティーをオープンした。取り扱うお茶は150種類以上あり、ほとんど全ての製作作業をハンドメイドで行っている。ベースは世界各地から厳選された紅茶、ドライ・フルーツ、ハーブで構成され、砂糖、人工香料不使用のお茶は子どもからビーガンの人まで楽しめる。何を買えば良いか迷った時には店内にお茶の試飲コーナーがあるので、まずはそこで試してみよう。また、オンラインでの販売も行っており、100ドル以上購入した場合、オーストラリア国内であれば送料が無料になる。

ギフト用の商品も豊富な店内
ギフト用の商品も豊富な店内
ブレンドを担当するナイヨリさん(左)、高品質の茶葉で作られたお茶。抹茶など東洋のお茶も取り扱っている(右)
ブレンドを担当するナイヨリさん(左)、高品質の茶葉で作られたお茶。抹茶など東洋のお茶も取り扱っている(右)

トゥルーリー・ティー
■住所:7/4 Jonson St., Byron Bay NSW
■Tel: 1300-878-598
■Web: www.trulytea.com.au
■営業時間:毎日9:30AM~6PM
■MAP-5

Spell Boutique

●世界中が注目!バイロン・ベイ・ファッションの代表格

バイロン・ベイらしいビーチ・スタイル・ファッションを語る上で欠かせないブランド。革職人の父親と画家の母親の技術を受け継いだ姉妹が立ち上げたスペルは、ビンテージ感溢れるボヘミアン・スタイルが特徴で、バイロン・ベイの海辺で着たくなるような色合いやデザインが多い。通常のラインに加え、水着やアクセサリーも充実し、更にウェディング・ラインも登場し、インスタグラムでも話題になっている。街の中心地から車で2~3分ほど離れているが、ファッション好きの人にはぜひ訪れて欲しいお店だ。

白を基調とした店内。バイロン・ベイらしいインテリアもチェックしたい
白を基調とした店内。バイロン・ベイらしいインテリアもチェックしたい
セール期間は外に行列が出来るほど人気に(左)、フォトジェニックな店内にあるガーデン(右)
セール期間は外に行列が出来るほど人気に(左)、フォトジェニックな店内にあるガーデン(右)

スペル・ブティック
■住所:15 Browning St., Byron Bay NSW
■Tel:0455-028-150
■Web: www.shop.spelldesigns.com/
■instagram: spell_byronbay
■営業時間:毎日10AM~5PM
■MAP-6

A Spot of Genius

●バイロン・ベイ発のアートをミックス

ファッション、サーフィン、アートとバイロン・ベイに関するキーワード・アイテムが詰まったショップ。女性用のサーフ・ブランド「Atmosea」、ビンテージ・ファッション・ブランド「Chasing Unicorns」など、バイロン・ベイ発ブランドをセレクトしている。また地元アーティストの作品も販売し、ギャラリーも併設されており、バイロン・ベイのアートにも触れることが出来る。

店内の壁には数々のグラッフィクが並ぶ
店内の壁には数々のグラッフィクが並ぶ
サイズも豊富な子ども服
サイズも豊富な子ども服

スポット・オブ・ジーニアス
■住所:7 Marvell St., Byron Bay NSW
■Tel: 0481-327-115
■Facebook: A Spot of Genius
■営業時間:毎日10AM~4PM
■MAP-7

Afends

●ファッション&ライフ・スタイルを提案

2006年に設立されたアフェンズは現在バイロン・ベイに2店舗構えている。サブ・カルチャー文化を取り入れたライフ・スタイルを提案し、Tシャツのシルエットの美しさ、他には無いカラーリングが、オーストラリアだけではなく多くのファンをとりこにしている。メンズ、レディース共に展開し、カップルで楽しめるお店だ。

人気が高いレディースのプロダクト
人気が高いレディースのプロダクト
店は街のメイン・ロードに位置している
店は街のメイン・ロードに位置している

アフェンズ
■住所:2/6 Lawson St., Byron Bay, NSW
■Tel: (02)6684-7888
■Web: www.afends.com
■営業時間:毎日9:30AM~5:30PM
■MAP-8


新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る