2015年5月 メルボルン/ローカル・コミュニティー・ニュース


充実したプログラムで毎年好評のジャパン・フェスティバル

毎年恒例ジャパン・フェスティバル

メルボルンのボックス・ヒルで大規模開催

ヴィクトリア日本クラブ(JCV)主催の日系フェスティバル「JCVジャパンフェスティバル」が5月17日に開催される。

今年で16回目を迎える同祭典はボックス・ヒル・タウン・ホールおよびTAFEにわたる巨大な会場各個所で行われ、日本文化を紹介するイベントやパフォーマンス、食べ物や日本関連商品の販売、着物・コスプレ・コンテストなど来場者参加型のプログラムが楽しめる。充実したプログラム内容で日本人に限らず多くの人から人気も集めている。

毎年5,000人以上を動員し、今年も地元で活躍するミュージシャンや伝統芸能のパフォーマンス、日本往復航空券が当たるラッフルも用意されている。なお、JCVでは当日のボランティアを募集している。同ホームページからオンライン申し込みが可能。

■Japan Festival
会場:Box Hill Town Hall & Box Hill TAFE, 1022 Whitehorse Rd., Box Hill
日時:5月17日(日)10AM~5PM
入場料:大人$5、小学校6年生以下、シニア・カード保持者、着物・浴衣着用の人は入場料が無料
Web: www.jcv-au.org



The Cat Empire

メルボルン・ジャズ・フェスティバル、豪華ゲストが登場

メルボルンの秋の最大イベント、メルボルン・ジャズ・フェスティバルが5月28日から11日間にわたり開催される。1998年から始まった同フェスティバルには、毎年ジャズの大御所や人気バンドなど世界中から多くのミュージシャンが参加。

今年は天才ジャズ・ピアニストのハービー・ハンコックとチック・コリアがこのフェスティバルのためにデュオで参加、奇跡の組み合わせだけにチケットは発売開始早々に完売する人気を見せている。さらに今年はメルボルン出身のバンド「ザ・キャット・エンパイア」なども参加し、より若い世代も取り込んで、幅広い年齢層にジャズを楽しんでもらおうとさまざまなプログラムが用意されている。

■Melbourne Jazz Festival
会場:メルボルン市内各所
日時:5月28日(木)~6月7日(日)
料金:イベントにより異なる
Web: www.jcv-au.org


フランクストンで日本祭りが開催

1982年2月より静岡県裾野市と姉妹都市締結を結ぶフランクストンで、ジャパン・フェスティバルが5月3日に開催される。武道演武や日本舞踊、クラフト、生け花、折り紙など、無料のアクティビティーが多数用意され、無料で参加できる。

フェスティバルを主催するフランクストン裾野友好協会(FSFA)は、小学生から高校生の留学生相互派遣や修学旅行生の受け入れに力を入れており、両市には姉妹校提携を結ぶ学校が多数ある。

■ Japanese Festival
日時:5月3日(土)10AM~4PM
会場:Frankston Arts Centre, Cnr Young St.& Davey St., Frankston
料金:無料
Tel: (03)9784-1816
Web: www.frankston-susono.com


領事館からのお知らせ

■平成27年度旅券・領事手数料の改定
平成27年度の旅券・領事手数料が4月1日申請分より改正された。主な手数料は以下のとおり。

 

1. パスポート(旅券)
10年有効の一般旅券:165ドル
5年有効の一般旅券:113ドル
12歳未満の一般旅券(5年有効):62ドル
記載事項変更旅券:62ドル

 

2. 証明
在留証明:12ドル
署名(および拇印)証明:18ドル
出生・婚姻・死亡など身分上の事項に関する証明:12ドル
自動車運転免許証抜粋証明:22ドル

 

3. ビザ(査証)
一般入国査証(インド人、イラン人など を除く):31ドル

 

■第2回JLPP翻訳コンクールを開催
 文化庁主催の日本現代文学作品の優れた翻訳家を発掘・育成するため、翻訳コンクールを開催する。応募期間は2015年6月1日(月)から7月31日(金)まで。小説部門、評論・エッセイ部門より各1点、計2点の課題作品を英語に翻訳し提出する。応募の詳細はWeb:www.jlpp.go.jpを参照。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る