2017年4月 ニュース/総合

WA州首相に就任するマーク・マクゴーワン氏
WA州首相に就任するマーク・マクゴーワン氏

WA州労働党、9年ぶりに政権奪回
マクゴーワン州首相就任へ

WA州上下両院の州議会選挙の投票が3月11日、行われた。開票の結果、野党労働党が地滑り的な勝利を収め、2008年以来9年ぶりに州政権を奪回した。公共放送ABCの13日午後時点の集計によると、下院(定数59)で労働党は改選前の21議席から大幅に議席数を伸ばし、過半数を超える36議席が当選確実となった。最終的には40議席に達すると予想されている。

一方、与党保守連合(自由党、国民党)は改選前の37議席から19議席(現時点での当選確実は16議席)とほぼ半減する見通し。現職閣僚の多くが落選していて、保守連合は態勢の建て直しに時間がかかりそうだ。

1次選好票ベースの労働党の得票率は42.7%となり、選挙結果の指標となる「スイング」(前回選挙比の得票の増減率)はプラス9.6%に達した。一方、自由党の得票率は31.5%で、スイングはマイナス15.6%と歴史的な落ち込みを記録した。連立相手の国民党の得票率は8.4%。スイングはマイナス0.7%だった。

WA州は鉄鉱石を始めとする鉱物資源の主要産地として知られる。資源ブームの恩恵を受けて高い経済成長を続けてきたが、12年ごろからの世界的な資源価格下落の影響で成長が鈍化している。州経済の低迷を背景に有権者が政権交代を求めた他、自由党が急進右派の「ワン・ネーション党」と選挙協力を行ったことが裏目に出たと見られる。

州労働党を率いたマーク・マクゴーワン党首は、近く第30代WA州首相に就任する。マクゴーワン氏は1967年NSW州ニューキャッスル生まれの49歳。QLD大卒業後、海軍に入隊。除隊後、パース南方のロッキンガム市に移住し、同市議、同副市長を経て、96年の州議会選挙で労働党から出馬して初当選した。労働党の州政権で教育・訓練相、環境相、観光相などの閣僚を歴任。12年から州労働党党首を務めていた。


日本人渡豪者数、8年ぶりに40万人超

2016年にオーストラリアを訪れた日本人の数は41万3,800人と前年比22.7%増の高い伸びを記録した。15年9月以来16カ月連続で前年同月を上回った。40万人を超えたのは08年以来8年ぶり。最後に前年比で20%以上増加したのは26年前の1990年だった。オーストラリア政府観光局が2月15日、オーストラリア統計局(ABS)の集計を基に発表した。

同観光局は「2015年8月以降、相次いで就航した直行便の利便性や時差が少なく安心できる旅行先の1つであると認識された」と指摘した。「絶景大陸オーストラリア」キャンペーンなどによりオーストラリアの魅力が再発見されているという。オーストラリアの水辺での体験を訴求する同キャンペーンは、昨年9月から実施している。

17年も日本人の渡豪需要は堅調に推移する見通しだという。同観光局は20年までに70万人に引き上げる目標を掲げている。

渡豪日本人数は、オーストラリア観光ブームが起きた1980年代後半から90年代にかけて急増し、90年代後半のピーク時には日本側の統計ベースで90万人以上に達した。しかし、13年には32万4,000人と最盛期のおよそ3分の1の規模まで縮小していた。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る