2018年4月 ニュース/総合

ワシントンで豪米首脳会談

安保、経済で連携強化を確認

2月24日、ホワイト・ハウスで会談したターンブル首相とトランプ米大統領(Photo: AFP)
2月24日、ホワイト・ハウスで会談したターンブル首相とトランプ米大統領(Photo: AFP)

米国を訪問したマルコム・ターンブル首相は2月24日、ワシントンのホワイト・ハウスでドナルド・トランプ米大統領と豪米首脳会談を行った。首脳会談はトランプ氏の大統領就任以来4度目。ターンブル首相の会談後の発表によると、両首脳は北朝鮮への強い姿勢や、豪米の経済協力強化などで合意した。

ターンブル氏は、トランプ氏の北朝鮮への制裁強化を支持すると表明した。両首脳は「豪州と米国が同盟国の中でも最も強い絆で結ばれている」ことを再確認した。第1次世界大戦中の1918年にフランスで豪州軍と米軍が初めて共同作戦を行った「アメルの戦い」100周年を踏まえ、ターンブル氏は「豪米同盟を維持、強化していくことは、首相としての責務だ」と語った。

経済協力では、豪州と米国、インド太平洋地域で、豪米が質の高いインフラ投資で協力することで一致した。レア・アース(希土類元素)の試掘や抽出、加工、研究・開発などで協力する「豪米エネルギー戦略パートナーシップ」も開始した。2国間の電子商取引の成長を支援するため、連携を強化することでも合意した。

会談後の会見でトランプ氏は「朝鮮半島の非核化に向けて最大限の圧力を与える行動において、豪州は最も緊密なパートナーの1つだ」と述べ、豪米同盟はインド太平洋地域の平和と安全に不可欠との認識を示した。

ターンブル氏は「米国は豪州にとって最も大切な戦略的、経済的なパートナーだ。次の100年の友好関係に向けて、更に協力を強化する土台を敷く」と2国間関係の重要性を強調した。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る