2018年7月 ニュース/総合

ジュリー・ビショップ外相
ジュリー・ビショップ外相

米朝会談を歓迎――ビショップ外相

「正しい方向に向けた一歩」

ジュリー・ビショップ外相は6月12日、米朝首脳会談を歓迎する声明を発表した。外相は、会談の成果について、北朝鮮の完全な非核化と朝鮮半島の平和と安定に向けた一歩だと評価した。

オーストラリアは北朝鮮と国交を保持し、インドネシアの在ジャカルタ北朝鮮大使館を通して外交関係を維持している。この一方で、朝鮮半島有事の際は、同盟国である米国と共に軍事行動に参加する意向を示していた。

外相の声明の内容(要約)は次の通り。

  • オーストラリアは、ドナルド・トランプ米大統領と北朝鮮の指導者である金正恩との間で行われた歴史的な首脳会談の結果を歓迎する。
  • 「シンガポール宣言」(米朝共同声明)は、4月27日の板門店宣言で示された北朝鮮の完全な非核化に向けた決意を正式に再確認した。米朝共同声明は、米国と北朝鮮が新たな関係を構築し、朝鮮半島の永続的で安定した平和に向けて取り組むことをうたい、(朝鮮戦争の)戦争捕虜と行方不明兵の遺骨返還についても協力することで合意した。
  • 今回の首脳会談は、正しい方向に向けた一歩である。我々は、これらの目的の達成に向けて対話と外交が継続することを期待する。
  • 北朝鮮は今、その決意を実行するための具体的で検証可能なステップを踏まなければならない。また、北朝鮮は引き続き、同国の核兵器と弾道ミサイル開発プログラムを禁止した国連安保理決議に拘束されている。
  • オーストラリアは、朝鮮半島の平和と安定を支えるため、パートナーと引き続き緊密に連携していく。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る