2019年1月 ニュース/QLD

友好都市提携20周年の記念式典に参加したバンダバーグ市のジャック・デンプシー市長(左)、田辺毅・在ブリスベン日本国総領事代理(中央)、摂津市の森山一正市長
友好都市提携20周年の記念式典に参加したバンダバーグ市のジャック・デンプシー市長(左)、田辺毅・在ブリスベン日本国総領事代理(中央)、摂津市の森山一正市長

友好都市提携20周年

バンダバーグと摂津市が記念式典

QLD州東部バンダバーグ市と大阪府・摂津市の友好都市提携20周年を記念する夕食会が2018年11月9日、バンダバーグで開かれた。両市は1998年のこの日、同提携に調印した。以来、相互の児童・生徒の交換留学を始め数多くの交流を行い、友好の絆を深めてきた。


ロビーナ州立高校校長に外務大臣表彰伝達
日本語教育の普及に貢献

ジュリー・ウォーリック校長(前列中央)と田辺毅・在ブリスベン日本国総領事代理(前列左から3人目)、ロビーナ州立高校関係者の皆さん
ジュリー・ウォーリック校長(前列中央)と田辺毅・在ブリスベン日本国総領事代理(前列左から3人目)、ロビーナ州立高校関係者の皆さん
田辺毅・在ブリスベン総領事代理より表彰状を受け取るロビーナ州立高校のジュリー・ウォーリック校長(左)
田辺毅・在ブリスベン総領事代理より表彰状を受け取るロビーナ州立高校のジュリー・ウォーリック校長(左)

在ブリスベン日本国総領事館は2018年11月21日、ゴールドコーストにあるロビーナ州立高校のジュリー・ウォーリック校長への外務大臣表彰伝達式を行った。ウォーリック校長は日本語教育を推進してきた功績が認められ、同年7月に外務大臣表彰を受賞した。在ブリスベン日本国総領事公邸で行われた伝達式のスピーチで、同校長は「ロビーナ高校へのサポートを頂きありがとうございます。これからもよろしくお願いします」と日本語で謝意を述べた。


ヘア・ケアについて説明する佐藤氏(中央)
ヘア・ケアについて説明する佐藤氏(中央)

本紙主催の異業種交流会

日豪プレスのゴールドコースト支局は2018 年11月28日、ゴールドコースト(GC)のサーファーズ・パラダイスにあるレストランで、定例の異業種交流会を開いた。現地在住の邦人21人が参加した。GCのパーム・ビーチで美容院を経営しているスタイリストの佐藤かおり氏をゲスト・スピーカーに招き、日常の髪の手入れとお薦めのヘア・ケア商品について話を聞いた。次回は19年1月の開催を予定している。詳細に関する問い合わせは、日豪プレスのウェブサイトまたは同オフィスまで。


左から、QLD州総督補佐官、スターリング・ヒンチリフQLD州多文化担当大臣(州首相代理)、ケイ・デ・ジャージーQLD州総督夫人、ポール・デ・ジャージーQLD州総督、田辺毅・在ブリスベン日本国総領事代理
左から、QLD州総督補佐官、スターリング・ヒンチリフQLD州多文化担当大臣(州首相代理)、ケイ・デ・ジャージーQLD州総督夫人、ポール・デ・ジャージーQLD州総督、田辺毅・在ブリスベン日本国総領事代理

天皇誕生日祝賀レセプション開催
在ブリスベン日本国総領事館

天皇陛下の誕生日を祝うと共に、日豪友好関係の促進を図る年末恒例の天皇誕生日祝賀レセプションが2018年12月3日、在ブリスベン日本国総領事公邸で開かれた。ポール・デ・ジャージーQLD州総督、スターリング・ヒンチリフQLD州多文化担当大臣(州首相代理)を始め、州政府や地元財界関係者、文化人、各国の在外公館代表、ブリスベンとゴールドコーストの日系社会の関係者ら262人が出席した。

両国国歌が演奏された後、田辺毅・在ブリスベン日本国総領事代理、デ・ジャージーQLD州総督があいさつ。会場内では「菊正宗」などの日本酒や、「アサヒビール」、「ヤクルト」、「多河内ウィスキー」などの飲料と、17年ぶりに日本から豪州への輸入が解禁された和牛のステーキなどの料理が振る舞われた。ヒト型ロボット「ペッパー」やセラピー・ロボット「パロ」も展示された。


恒例の正月文化イベント
恒例の正月文化イベント

日本の正月行事をGCの子どもたちに
さくら学園と「とわにー」がイベント

ゴールドコースト(GC)で12年生までの児童・生徒を対象に日本語と日本文化を教えているさくら学園と、日本語による子育て支援を行っている団体「とわにー」は2019年1月2日、日本の正月行事を子どもたちに味わってもらうイベントを開催する。餅つきやこま回し、凧上げ、羽子板、書き初めなどの正月の文化を体験してもらう他、音楽やダンスのパフォーマンスも披露する。コーヒーやかき氷などの屋台も出店する。

■日本の正月文化イベント
日時:2019年1月2日11:30AM~2:30PM
場所:Country Pradise Parklands(231 Beaudesert-Nerang Rd.,Nerang)
料金:大人無料、子ども1人$5(2人目以降1人$3)
Email: wabou@hotmail.com(問い合わせ)
Web: www.facebook.com/towany072


ケアンズでセミナーを行った中村氏
ケアンズでセミナーを行った中村氏

ほめることで人間力を高める――ケアンズでセミナー開催

ほめることで笑顔とやる気を引き出し、家庭や職場の人間関係を円滑にすることを目指す「褒めるコミュニケーション講座」が2018年11月19日、ケアンズで開かれた。「日本ほめる達人協会」特別認定講師で福岡市在住の中村早岐子氏(オフィスファイン代表)が講師を務め、ほめることで人間力を高めるコツを伝授した。参加者の1人は「子どもへの接し方、仕事でのアルバイトへの接し方に行き詰まっていた中、まずは自分の捉え方、視野を変えることを気付かせて頂きました」とアンケートに感想を述べた。

同氏は、航空会社の客室乗務員を経て、企業や学校を対象としたビジネス接遇講師として20年以上活動してきた。若い世代のやる気を引き出し、コミュニケーションや表現力の向上を促すことを得意としている。現在、日本で年間約150回の講演や研修を行っている。


NPO法人と地元の学校に寄付
GCのチャリティー文化イベント

ゴールドコースト(GC)で開かれたチャリティー文化イベント「夢結い’18」の主催者はこのほど、日本で自然災害に被災した子どもたちの支援に力を入れている認定NPO法人「カタリバ」に1,400ドル、難民の子どもたちが多く通うGCのキーブラ・パーク州立高校に600ドルをそれぞれ寄付したと発表した。同イベントは2018年10月14日に行われ、日本舞踊や剣舞、和太鼓、よさこいなどの日本伝統芸能を中心に、オペラやバイオリン演奏などが披露された。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る