TOP» ビザ»

【PR】アメリカ投資永住権の申請条件と内容 / 株式会社アエルワールド

PR

世界各国で採用されている投資家ビザや投資永住権憧れの国で
悠々自適に暮らすためのセカンド・パスポートに

株式会社アエルワールド

アメリカ投資永住権の申請条件と内容

前回は、最近話題になっている投資永住権についてご紹介しました。「投資永住権」とは、資産のある人が、ある国のプロジェクトや会社または不動産に投資した際に与えられる、就労や滞在を保証する権利のことを指します。永住権のため、自由で快適な生活を送ることができ、権利を保持する条件も比較的緩和されているので、若い人からリタイア生活を楽しむ人まで安して毎日を過ごすための最適な制度と言えます。

そこで今回は、具体的にアメリカの投資永住権について申請条件と内容をご紹介します。

アメリカの投資永住権について

NA1804_8387MIZU

ロサンゼルスのマリオット・ホテル建設プロジェクト完成予想図

ハワイ、カリフォルニア、ニューヨークなど、アメリカに家族で住みたいという方は多くおられます。しかし、アメリカでの就労や学生、起業などのビザは、一般的に他の先進国と比較しても難易度が高いのが現状です。ただし「EB-5」という投資永住権(グリーン・カード)に限っては、他の先進国の投資永住権と比較しても易しく、1992年に導入されて以来少しずつ増加し、近年では毎年約1万人の方が永住権を取得するまでに至っています。

そのEB-5という制度ですが簡単には、50万米ドルを失業率が高い特定地域プロジェクトに投資し、2年間で10人以上雇用するという条件を満たせば良いということになっています。しかし、個人がそのような規模でプロジェクトを実行するのはとても難しいのが現実。そこで「地域センター(Regional Center)」と言われる民間開発会社のプロジェクトに相乗り投資することで、雇用などの条件をクリアすることが可能となっています。

実際の申請には投資の実行以外にも合法的な投資資金の取得証明なども必要ですが、一般的な投資ビザに求められる、事業経歴や英語力、それに年齢すら求められないことが大きな特徴です。

ここで最も気になるのが、投資したお金がどうなるのか、どんなものに投資するのか、ということです。

実は現在、このEB -5に関する投資プロジェクトがアメリカ全土に乱立している状況で、現在では1,000件を超えたとも言われています。しかし実績がほとんどないプロジェクトや、継続的に実績を積み上げているもの、一定の配当(2〜4%)がありキャピタル・ゲインが狙えるものから、配当は少ない(0.5〜1%)が5~6年後に元本を返還するローン型までさまざまです。

NYC_wideangle_south_from_Top_of_the_Rock

ニューヨーク市街(ⓒDaniel Schwen)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハワイのワイキキ・ビーチ

■EB-5プロジェクトの例

①ロサンゼルスのマリオット・ホテル建設プロジェクト
②カナダ大手銀行の本社ビル建設プロジェクト
③マンハッタンのホテル再生プロジェクト
④ニューヨークの再開発プロジェクト

■EB-5の主な申請条件

①移民法規定による最低50万米ドル以上の投資が可能
②永住権取得後、自立した生活の維持を証明できる
③過去に重大な犯罪経歴がない
④健康かつ伝染病などの病気がないビザの申請は、本人及び配偶者や21歳未満の子どもを含めた家族で行うことが可能で、審査期間は現在のところ約20カ月掛かります。条件付永住権(2年間有効)が発給されると、アメリカ全州のどこでも居住が可能となり、その約2年後には10年有効の正式な永住権(グリーン・カード)の申請が可能となります。

■EB-5のプロジェクトQ&A

Q. EB-5プロジェクトはどう選べば良いですか。

A. オフィス・ビル系、ホテル系、ショッピング・センター系、物流系などさまざまありますが、その管理する地域センターがしっかりとした実績を有しているかどうかの確認が重要です。実績とは主に「条件付永住権の取得」「永住権取得」「投資資金の返還」「過去に失敗したプロジェクトの有無」の4点です。

Q. EB-5を申請できる人の条件はどのような
ものですか。

A. 一定の経歴と合法的に蓄積された投資金額を保有し、50万米ドルの投資を実行できる方ならどなたでも申請の可能性があります。

Q. EB-5の申請は難しいですか。

A. ビザ申請の専門家がアドバイスしますので、ご自身は必要書類をご準備頂くだけです。難しいというよりも、多くの書類を集める手間が掛かります。

Q. EB-5でハワイに住めますか。

A. 可能です。投資先の州による居住地域の制限もなく、居住は全くの自由です。永住権を取得すると、アメリカ本土はもちろん、ニューヨークでも、ロサンゼルスでも自由に住むこ
とが可能です。

Q. EB-5で子どもの教育費はどうなりますか。

A. 公立校であれば無料になり、私立校であれば現地の方と同一の料金となります。

LOGO

EB5/グリーンカード・投資家ビザ・投資永住権の取得ならアエルワールドへ

株式会社アエルワールド
■住所:東京都新宿区新宿3-2-1京王新宿321ビル7階
■Tel: +81-(0)3-5341-4622(日本)、0412-283-393(豪州)
■Web: www.investorvisa.jp
■Email: iju@investorvisa.jp
■SKYPE: aerworld(事前にチャットでお知らせください)
■営業時間:月〜金10AM〜6PM、土・日・祝休

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る