メルボルンのコロナウイルス・クラスター患者15人

家族接触感染広がり、市内接触場所も増える

 VIC州はメルボルン都市圏で5月25日午後8時までの24時間にさらに6人が陽性と判定され、家族接触感染のコロナウイルス・クラスターは合計15人になった。

 5月26日付ABC放送(電子版)が伝えた。

 11人はすべてウィトルシー市の3家族から出た家族または濃厚接触と判明しているが、ジェームズ・マーリノ州首相代理は、今後さらに社会規制を強化する可能性も残している。

 また、保健局の接触追跡チームは陽性者の濃厚接触者として301人を突き止めたが、うち80人はすで検査の結果、陰性の判定を受けている。

 マーリノ氏は「これまでのところ陽性者はすべて親戚同士だが、陽性者の数が増えていくことを懸念している。これから濃厚接触場所の追跡と今後24時間の陽性者の発生状況が注目される」と語っている。

 クラスターの発生でVIC州民も一気に危機感を強め、5月25日には26,180人が検査を受け、15,858人がコロナウイルス・ワクチン接種を受けてVIC州の記録を達成している。

 陽性者が立ち寄った施設は次の通り:Circus Bar at 199 Commercial Road, South Yarra, May 23; Three Monkeys bar at 210 Chapel Street, Prahran, May 22, May 23; Somewhere Bar at 181 Chapel Street, Prahran, 22。(時間帯などの詳細は英語原文参照)。これらの施設に同日時に立ち寄った者は直ちに検査を受け、14日間の自己隔離に入ることが指示されている。

 ブレット・サットンVIC州主席医務官は、「300人ほどのうち、まだ80人ほどしか結果が返ってきていない。これまでのところはその80人がすべて陰性だったが残りも今日のうちに返ってくるはずで、今後、どういう結果になるか、接触場所が問題でそのことも考慮しなければならない」と語っている。

 また、「接触場所はメルボルン各所に広がっており、ロックダウンすることになってもメルボルン北部だけというわけにはいかない。メルボルン都市圏の広い範囲が対象になる」と語っている。

 さらに、ワクチン接種については現在十分な体制になっており、市民が積極的に接種を受ける傾向になっている、として、ことさら急ぐ必要はないとしている。
■ソース
Melbourne COVID-19 outbreak grows as Victoria records six new local cases

 Happy Rich Harding legal 幌北学園 Japanaroo  kidsphoto
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide Covid-19 最新情報

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL


新着イベント情報

新着イベントをもっと見る