VIC州のコロナウイルス・アウトブレーク、拡大の一途

新たに1,638人が陽性、2人が死亡

 10月7日付ABC放送(電子版)は、同6日午後8時までの24時間に新たに1,638人がコロナウイルス国内感染陽性と判定され、2人が死亡したと伝えている。同州ではその期間中に77,238人の検査が行われ、同州の1日の検査回数としては最高記録になった。また、アクティブな感染者でも総計15,074人にのぼり、これもまた最高記録になった。

 また、10月7日よりNSW州との州境閉鎖を緩和し、NSW州内に滞在しているVIC州民がVIC州内に帰宅し、自宅隔離を続けることができるようになった。

 ウィンダム在住の60歳の女性とヒューム在住の70歳の女性が死亡しており、今回のアウトブレークの死者は70人になった。

 VIC州の道程編成の基礎になっているバーネット・インスティチュートのモデリングでは、10月後半には7日平均の1日あたりの新陽性者数は2,900人程度にまで拡大する可能性があり、現在の7日平均は1,436人にとどまっている。

 現在、VIC州では、564人がコロナウイルス感染症で入院しており、うち115人がICUに収容され、74人が酸素吸入装置を着けている。また、入院患者の7%が2回の完全接種済みで、これまでよりわずかに上昇している。

 アウトブレークの地域的分布では依然としてメルボルン市北部と西部に集中しているが、南東部と東部でも徐々に増えてきており、6日段階で南東部351人、東部114人になっている。

 ベン・カウイー主席医務官代理は、「陽性者が増えているが、一つだけ明るいのはほとんどの新陽性者が既知の感染者との関連が明らかになっていることだ」と語っている。

 VIC州では16歳以上の成人の83%が最低1回は接種を受けており、そのうち54%は2回の完全接種済みとなっている。また、2回の完全接種済みが70%に達するのは10月後半と予想されており、その時期には規制緩和の道程計画も編成されている。

 VIC州では9月30日段階で全国障害保健制度(NDIS)登録の16歳以上の障害者の1回目の接種率が71%超えたところで、接種優先順位の上位にある障害者が現実には接種が遅れていることが問題になっている。そのため、VIC州政府は500万ドルの予算で障害者の接種率を引き上げるキャンペーンを計画している。
■ソース
Victoria’s COVID outbreak grows with 1,638 new cases and two deaths

 CJM Lawyers  Harding legal 幌北学園 kidsphoto nichigowine
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide Covid-19 最新情報

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL


新着イベント情報

新着イベントをもっと見る