QLD州で海外帰りの2歳児がコロナウイルス陽性

家族とともにパキスタンを旅行、帰国隔離後に

 QLD州では、メルボルンから果実摘みの仕事で飛行機で移動した人が陽性と判明した他には新しい陽性者はなかったが、海外から帰国した2歳の男児が新しくコロナウイルス陽性と判定された。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 QLD州政府のスティーブン・マイルズ保健相は、「子供の症状はそれほどひどくないようだが、もっと詳しいことは追って発表される」と語っている。

 さらに、「子供は家族と一緒にパキスタンを旅行し、オーストラリアに帰ってきた後はVIC州で隔離を過ごし、その後にブリスベンに戻ってきた」と語っている。

 保健局は、「子供は無症候患者で、今は在宅でQLD州小児病院の往診を受けている」と発表している。

 マイルズ氏は、「この児童はQLD州で最年少患者の一人になることだろう。QLD州のコロナウイルス新感染患者はこの児童一人で、QLD州で現在もアクティブな症例は4人のみであり、うち2人は病院に入院している」と発表している。

 また、QLD州では1日に5,000人程度が検査を受けている。
■ソース
Queensland coronavirus case after toddler tests positive following overseas trip

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る