新型コロナウィルス感染、NSW州3例、VIC州1例

中国10都市を封鎖、死者41人に

 1月25日、オーストラリア国内の新型コロナウィルス感染患者はNSW州で3人を確認、VIC州でも1人を確認している。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 SARSやMERSに似たこのコロナウィルスの新種は中国湖北省武漢市の市場で売られていた野生獣肉が原因と見られており、当初は動物・ヒト感染のみとされていたがその後、ヒト・ヒト感染もあると訂正されている。ただし、ヒト・ヒト間の感染力は非常に低いとのこと。中国では患者は1,287人、死亡は41人にのぼっている。
 VIC州メルボルン市で50代の中国系オーストラリア人男性が中国から帰国後にカゼ様の症状を示し始めたため病院で検査を受けた結果、新型コロナウィルス感染と確認されている。また、NSW州でもシドニー地域で中国帰りの30代、40代、50代の3人の男性がやはり検査の結果、新型コロナウィルス感染が確認された。

 NSW州政府主席医務官のドクター・ケリー・チャントは、3人はいずれもシドニーに到着するまで症状が出ていなかったため、航空機内で他の乗客に感染させた可能性はないだろうと語っている。また、ブラッド・ハザード州保健相は、他にも6人が検査結果待ちと発表している。NSW州ではこれまでに12人が検査で陰性と判定されている。

 メルボルンの男性はモナッシュ・メディカル・センターで治療を受けており、容体は安定している。しかし、衛生当局は、武漢の空港が閉鎖される前にオーストラリアに到着した人々の中にもウィルス感染患者がいるかも知れないと懸念している。

 連邦主席医務官のブレンダン・マーフィ教授は、「オーストラリアのリスクは武漢閉鎖前にオーストラリアに渡航した人々だろう。中国から来て到着後に発症した人々と接触していない限り心配は要らない」としている。
■ソース
Three cases of coronavirus confirmed in NSW, one in Victoria as death toll rises in China

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る