「綺麗」と健康

中から外から美肌・美髪つくり ツヤツヤのモテ髪を手に入れよう!

中から外から美肌・美髪つくり

ツヤツヤのモテ髪を手に入れよう!

第80回 「綺麗」と健康

新年も明け、皆さんも新しいことを何か始めていますか?新しいことも初めてのことも、今では何でもインターネットを検索したら出てきますが、そのためになくてはならない物が携帯電話ですよね。私は寝る時以外はいつも持っています。

もう1つ、私は年間を通して1週間以上ハサミを持たない日はなく、1週間も握らないと思うように手が動かなくなってしまいます。そう言えば、かかり付けの整体の先生に「力を抜いて仕事していますよね」「全身に力が入ってない」「良い意味ですよ!」と褒めてもらいました。確かに手の位置などは疲れないように自然と定まっているので、お陰様で疲れはあまりありません。疲れない働き方をすることで長く仕事ができるんですね。

話を戻します。携帯電話で何でも調べられるこの時代、新しいことをしないであえて何かを止めるということを今年はしてみようと思っています。数年前から髪の健康をテーマにコラムを作っていく度に、美容室のメニューに健康メニューが増え、反対に髪が傷むメニューがどんどん減っています。このままでは薬を使うメニューはなくなってしまう!? という状況です。

例えばカラー。カラーにはアルカリを使うパーマネント・カラー、アルカリが通常より少し配合が優しいセミ・パーマネント、酸性カラーなどアルカリを使わないセミ・カラー、天然のヘナ、ヘア・スプレーなど、カラーだけでもいろいろあります。参考までに髪に優しい順序は、天然のヘナ、ヘア・スプレーなどの次に、酸性カラーやヘア・マニュキアなどのセミ・カラー、次にちょっと優しいデミ・カラー、そしてブリーチや白髪染めなどに使うアルカリ・カラーと続きます。

健康を重視し、長く髪を良い状態にしておきたいと考えると、選択肢が限られてしまいますね。しかし私たち美容師は傷む原因と分かっていても「綺麗」を提供するために必要なカラー剤をどうしても使用することがあります。キレイになるためには髪が傷むことがあるもぜひ覚えておいてください。その代わり私たち美容師が極力その傷みを軽減し、ケアします。

世の中の進歩で以前なら傷んでしまうメニューも傷みが見えないようになってきました。すごい進歩です。数年先、数十年先かは分かりませんが、色を染めている感じや、髪にパーマをかけている感じなど、自分の髪は一切変えずナチュラルなままで髪型を変えるなんていう装置を誰かが作るのでしょうね。そういう時代が来るまでは、ハイヒールと同じで、足には絶対に不健康だが綺麗になるために苦しくても履くのでしょうね。「若い」は「苦しい」という字に似ているんです。


美容師 ユキヒロ
Yuki Hair Spa Annerley Salon

東京都出身。代官山、恵比寿で美容室展開後、2008年パースでオーストラリア第1号店をオープン。10年にブリスベン、13年にはゴールドコースト店オープン。ただいまオージー美容師育成中。
Web: yukihairspa.com.au
髪についての悩みや疑問など下記アドレスまでご応募ください。
Email: nichigopress@gmail.com(件名:髪の質問)

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る