オージー・イングリッシュ

オーストラリア留学でキャリア・アップ

オーストラリア留学でキャリア・アップ

留学エージェントのカウンセラーが、オーストラリアのさまざまな
学部・学科をご紹介。

オージー・イングリッシュ

「オーストラリアで英語を勉強したら、英語がオーストラリア訛りになるのではないか心配です」。今でもこんな質問を稀にですが受けることがあります。気持ちは分かります。発音が悪いと通じないのではないか?訛りがあると、相手にとってどのくらい分かりにくいのか、それとも受け入れられるのか。

ご心配なく。私は在豪約10年になりますが、オージー訛りどころか世界一かっこ悪い英語と言われる日本語訛りですが、生活、仕事に支障が出たことはありません。そう簡単にオーストラリア訛りになれるものでもなく、また残念ながらよほど注意して頑張らないと、オージー・アクセントになることもないでしょう。なれるなら、むしろ憧れです。

そもそも標準英語ってなんだがね? ほんなもん誰が決めたがや?一応(Queens) British Englishが標準英語やろうけど、イングランドでもそないな英語使っとる人どんだけおるっちゅうねん。英語はくさ、世界で唯一、英語ば母国語とせん人が、母国語とする人よりばり多か言語ばい。

つまり英語の種類もそれに合わせて相応に多いということになりますし、実際移民国家オーストラリアでもさまざまな訛りの英語を聞くことがありますが、皆さんつつがなく生活しています(…よね?もちろん、英語を母国語としない人の強いアクセントはもちろん、母国語とする人の英語でも出身国によっては、なかなか慣れないものもありますが)。

そもそも、我々は方言だらけの日本から来ています。よかよか、方言、訛り。味があって、否定されることはないでしょうし、もしも日本語堪能なオーストラリア人が、東北弁や関西弁を話すと、親しみを感じませんか?それと日本語訛りの英語はまたちょっと異なりますが、つまり日本語訛り結構、ましてオージー訛り大歓迎ということです。

発音がひどいのは確かに考えものですが、訛りを気にするより、伝える気持ちが大事ですね。また、伝えるだけの話題があるかどうか、話題についていけるかということもコミュニケーションにおいて大事なことです。最低限、「自分のこと」と「自国のこと」の2点は必ずと言っていいほど話題になりますから、押さえておきたいところです。

そして発音については、だんだん話すこと自体に慣れ、上手になって、それから注意していけばいいでしょう。


オーストラリア留学でキャリア・アップ

山口幸司(やまぐち こうじ)

金融業界経験後、シドニー大学大学院MOTコースに留学。一時休学を経て2007年7月卒業。在学中から、スタッフ・ソリューションでマーケティング及び留学カウンセリングを担当、2010年4月代表に就任。日本での人事担当経験と現職の経験を活かし、就職に有利な留学アドバイスを行う。日豪の就職事情にも精通。

 

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る