離婚の理由、第2位はお金

FPキョウコの
暮らしに役立つパーソナル・ファイナンス講座

オーストラリア生活に役立つお金の知識をファイナンシャル・プランナー(FP)吉住京子氏が解説。

離婚の理由、第2位はお金

幸せな家庭を築くためにぜひパートナーと共にして欲しいことは、お金の話をすることです。私の友人でもお金の話をせず、結婚した後に「思っていたより稼ぎがなく、借金が多い」と旦那さんの実情にショックを受けた人もいます。

金銭感覚の違いは離婚の理由の上位に入っています。これからでも遅くないので、結婚されている方もぜひ話す機会を設けてください。

お金の話は皆、好きではありません。縛られるのではないのか、自由がなくなるのではないかと構えてしまいます。なのでお金の話より、自分たちの夢や将来のビジョンの話から入ると良いでしょう。

女性は男性の話を聞いてあげましょう。男性が一家の頭だとしたら、女性は頭を動かす首だと私は思います。どのようにコミュニケーションをとってモチベーションを上げるのかが鍵です。

命令や義務ではなく、お願いする、頼るという姿勢の方が男性は受け入れやすいのではないでしょうか。また、女性のしっかりとしたビジョンを聞いて、それをかなえてあげようと頑張る男性もたくさんいます。

自分と違う価値観でも否定せず、お金を何に使うと幸せなのか理解する姿勢で話し合いに臨んでください。2人の将来や楽しみのため、一緒に貯金しようと同じ方向を見ることができれば最高です。

これから結婚する女性に覚えておいて欲しいことは、男性は一般的に結婚式にモチベーションはありませんし、大金を使うのもどうかと思っている人が多いようです。なので2人で納得がいく予算を決め、その中で女性が好きなようにやりくりするのが良いと思います。私も何を妥協して何は妥協できないのか考え、予算内で結婚式を挙げました。

もう1つ女性に考慮して欲しいのは「万が一の貯金」を持っておくということです。結婚の時にお互いの貯金を全て明かすかもしれませんが、自分のための貯金を持っていても良いと思います。

女性は出産や子育てなどフルタイムで仕事ができない時期があります。またオーストラリアに移住している場合、親の介護・不幸、離婚など万が一のことがあった時にはお金が必要になります。今まで日本人女性とオーストラリア人のカップルの離婚を幾つも見てきていますが、ほとんどの場合、女性が不利になっています。なので自分を守る貯金というのは自分のために持っていても良いと思います。またそんなお金があれば、パートナーがピンチの時に救うこともできますし、安心と心の余裕ができますね。


吉住京子
在豪日本人ファイナンシャル・プランナー。難しいお金のことを易しく解説。クライアントそれぞれの状況に合わせた賢い戦略の提供に定評がある。在豪日系コミュニティーのためのチャリティー活動や各メディアでの連載記事・セミナーなども行っている。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る