教えて!不動産売買の常識/バイヤーズ・マーケット到来!

教えて!

不動産売買の常識

とっつきにくいイメージのある不動産の売買について不動産コンシェルジュのOrion Star Propertyの中川美希(Property Adviser)が初心者にも分かりやすく、実例を交えながら説明します。豪州では年々、物件価格が上昇しているため、レントを払い続けるか、物件を購入し資産を増やすか、今後のライフ・プランを考える良い機会となるでしょう。

バイヤーズ・マーケット到来!

お客さまによく、不動産の買い時について聞かれます。大きな買い物であるがゆえ、底値の時に購入したいという心理は、皆さん共通と言えるのではないでしょうか。

ただ、一般的に人気のエリアや物件は、価格があまり景気に左右されないのも実情です。しかし、「セラーズ・マーケット」と「バイヤーズ・マーケット」は存在します。

2015年に不動産価格がピークを迎えた時は、まさに売り手市場でした。一度売物件がオークションに掛かれば、何十人という人が殺到し、競り合い、そして売り手の目標額を上回る形で売れていました。おのずとこういう時は、購入者の立場からすると、ディスカウントはもちろん、有利な特典も得づらいことが、想像頂けるかと思います。

現在は、不動産価格のピークを越え、調整期に入りまさに買い手市場の到来です。そして、豪金融機関からの海外バイヤーへの貸付基準が厳しくなったことによって、オーストラリア市民や永住者にとっては一転交渉しやすいマーケットへと変容しています。ディスカウントもあれば、物件価格の4%程に相当する「StampDuty」の免除やキャッシュ・バック、投資物件の場合は高利回りでのテナント保証など、買い手に有利な条件が導きやすくなります。

また、海外バイヤーのローンが付かなくなり、当初の5~10万ドル引きで急遽再販される物件も散見します。その場合、売りは早くなりますが、優遇的な条件を得ながら物件を購入できるためお得です。今年の7月末に弊社の顧客が購入したのも、シドニーのインナー・ウェストで完成間近の65万ドルの未完成物件で、Stamp Dutyの免除に加え、物件価格の4%をディスカウントという、お得な契約条件でした。完成も近付き、ローンを組む必要が出てきたため、銀行に鑑定評価を依頼したところ、購入からわずか2カ月で、68万ドルに、約3万ドルの値上がりを見せました。

過去30年間、毎年平均10%という高水準で上昇してきたオーストラリアの不動産価格。ここからは一転ダウン・トレンドなのではないかと懸念し、買い控えている人もいるかと思います。しかしシドニーでは、向こう20年間であと75万件の建築が必要と言われるほど、住宅供給が足りていないのが事実です。そのため、そのタイトル通り、セラーズ・マーケットの時はセラーに、バイヤーズ・マーケットの時はバイヤーになれば、オーストラリアの不動産でまず損することはありません。まさに今が買い時だと言えます。


中川美希
Certificate Registration及び宅地建物取引主任士所有。日本で、野村不動産グループや外資系不動産サービス会社JLLで就業するなど、不動産業界に10年以上従事した後来豪。今後、より可能性のあるオーストラリアの不動産を扱うべく、オリオンスター・プロパティーのProperty Adviserに着任。顧客にベストなソリューションとなる不動産を提案している。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る