「不動産投資」のハードルは決して高くない(QLD)

PR

将来のことを考えて資産を増やす
「不動産投資」のハードルは決して高くない

左からANZ銀行サーファーズ・パラダイス支店のマセリひかりさん、アブラヒムかおりさん、藤原ミナさん、マクナイト千草さん、シェルシアミシェルさん、荻田健将さん
左からANZ銀行サーファーズ・パラダイス支店のマセリひかりさん、アブラヒムかおりさん、藤原ミナさん、マクナイト千草さん、シェルシアミシェルさん、荻田健将さん

投資には、株や国債の他に不動産投資がある。「1軒購入するだけでも大変なのに、2軒目なんてとても……」と思うかもしれないが、十分実現可能な話だ。確かに他の投資のように少額から始めることや、すぐに現金化することは出来なくても、現在の持ち家を老後に売却し、投資用に購入した家へ引っ越して生活をダウン・サイズするケースなども考えられる。実際に不動産投資は出来るのか? また今すぐでなくても数年後を目標に準備したい場合なども、まずはANZ銀行へ相談してみよう。

なぜハードルが高くないのか?

例えば住居用に住宅ローンを利用して不動産を購入し、きちんと返済出来ている場合を考えてみよう。購入時より不動産の価値が高くなっているので、自分の持ち分と銀行の持ち分が数年後には下図のように変化する。ローンを返済した分と不動産価値が上がった分を組み合わせて、新たに投資用の物件を購入し、2軒分のローンとして組み直すことが可能だ。

確かにローンの返済額には住居用に投資物件の分が加わるが、後者を賃貸にして家賃収入をローンの返済に充てることで、現在の返済とそれほど変わらずに2軒の不動産を所有することが出来る。場合によっては家賃収入がプラスされる分、毎月のローンの返済が楽になる可能性も考えられるだろう。

ただし常に借り手がいて、適正な家賃収入が得られることが前提となる。借り手がいない場合は、自分が2軒分のローンを負担しなければならないため、どのような物件を購入し、どのような人に貸すのかといった具体的なことを考えて、慎重に投資物件を購入しなければならない。

目標を立てて準備しよう

ANZ銀行(以下、ANZ)では不動産を購入し数年経った段階で「A-Zレビュー」という無料サービスの利用を勧めている。これは、お金に関する総合的な状況分析や問題点の洗い出しと解決法の提案などを行うサービスで、例えば購入時の価値や現在の価値、ローンや収入の状況などから、より有利なローンに組み替えることも提案してくれる。

一連のレビューの中で不動産投資に興味がある人には、希望すれば投資用の物件を購入出来るのか判断をし、購入可能な具体的な金額を提示してくれる。これにより明確な将来の目標(物件の場所/物件のタイプ/貸す相手/家賃など)が設定出来る。また今すぐは購入が無理な人でも数年後を目標にした計画を立てることも可能になる。

スペシャリストに相談しよう

ただでさえ複雑な不動産購入手続きなどを、しかも英語で行うことに不安を感じている人も多いだろう。ANZのサーファーズ・パラダイス支店には日本人のホーム・ローンのスペシャリストのマクナイト千草さんがいるので、安心して相談することが出来る。ただし事前予約が必要なので、あらかじめ問い合わせをしよう。

千草さんは「豪州では不動産投資は一般的で、常に5~6年やもっと先のことを考えて準備をします。現在の状況を理解し、出来ることと出来ないことを判断し、目標を決めて行動することがとても大切です」と話す。今の状況を知り、将来に備えるためにも気軽にANZを訪れて欲しいとのことだ。

ANZサーファーズ・パラダイス支店では不動産投資に関する無料セミナーを開催しているので、興味のある人はこの機会にぜひ参加してみては。

ー ANZ銀行主催 ー

不動産投資セミナー開催のお知らせ

日程:6月21日(水)5:30PM~

具体的に不動産投資を検討している人や、将来不動産投資を行いたい人を対象に、どのような準備が必要なのかなど、複雑で分かりにくいこともホーム・ローンのスペシャリストが日本語で分かりやすく解説する。

ビジネスセミナー開催のお知らせ

●5月25日(木) 「経営真っ只中 そろそろ見直し? 1回目(形態変更、車の買い替えなど)」
●6月15日(木) 「経営真っ只中 そろそろ見直し? 2回目(ビジネス拡大編)」

●時間:各回5:30PM~
●会場:ANZ銀行サーファーズ・パラダイス支店
●料金:無料
●予約申し込み:マクナイト千草 Tel: (07)5626-5113、またはEmail: chigusa.mcknight@anz.comまで
●要予約。定員になり次第締め切り


アドバイスはお客様それぞれのニーズと財務状況を考慮したものではありません。それが適切なものかどうかはお客様ご自身でご判断ください。ANZでは、どのような金融商品も、ご購入前に契約書と金融サービスガイドを御熟読いただくよう推奨しています。与信申請は当行所定の信用供与審査の対象となります。Australia and New Zealand Banking Group Limited (ANZ) ABN 11 005 357 522. Item No. 93650C 04.2016W533382

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る