警察、アイス、拳銃、巨額現金押収

シドニー市内ウルティモで2人を逮捕

 NSW州警察は、シドニー市内のドラッグ密売容疑者を狙って捜索令状を執行、現金、拳銃、覚醒剤を押収した。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 4月13日午後5時、シドニー市内ウルティモのワトル・ストリートの建物を捜索した警察は、バッグにぎっしりと詰め込まれた100ドル札と50ドル札の束、総額126万8,000ドル、銃弾を装填した拳銃1丁、アイス6kgを押収、建物にいた2人を逮捕した。また、警察はウルティモと同時に令状を執行した市南部のゼットランド地区クーパー・レーンの民家でもアイス1kgを押収し、民家にいた4人を逮捕した。

 警察では、「今年1月からレッドファーン地区警備班がシドニー市部でアイスを売りさばいている密売人を捜査しており、その密売人は逮捕された6人のうちにはいっている。女2人を含む他の5人も違法薬物販売と犯罪組織関与容疑で送検された。また、ユチェ・フアン(30)は装填銃砲弾薬不法所持容疑もつけられている。フアンと女一人(23)は4月15日にビデオ中継で出廷する。他にも3人が6月上旬にビデオ中継で出廷する。6人はベトナム人と中国人で、ベトナム語と北京語の通訳が手配されている。また、男1人は不法入国者で、逮捕拘置されている」と発表している。

 レッドファーン地区警備班指揮官のスチュアート・ベル警視は、「それほど大量のドラッグと装填した銃を所持している人物は直ちに危険人物と見なしている。ドラッグの市場価格は350万ドルにもなる。それだけのドラッグが町に出る前に押収できたことは喜ばしいことだ。このドラッグのネットワークがどれほどの規模なのかまだ判然としないが、捜査を続けており、今後さらに捜索令状を執行し、逮捕することもありえる」と語っている。
■ソース
Police uncover ice, pistol, $1.26m in cash in Sydney drug investigation

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る