白クジラのミガルーがゴールドコーストに出現

クジラ愛好者の20年来の夢かなう

 オーストラリアで一番有名なクジラがゴールドコーストの海で発見され、人々の関心を一挙に集めた。

 ABC(電子版)が伝えた。

 9月16日、1年の締めくくりとして南極へ向かう途中の道のりで、白クジラのミガルー(Migaloo)がゴールドコーストへ現れた。ツアーガイドのターシャ・ムリガンさんにとっては夢がかなった瞬間となった。

 「ミガルーは長い間、私にとってユニコーンのような想像上の生き物だった。彼を見ることができて本当にうれしい。興奮のあまり叫んでしまったので、みんなの鼓膜を破っていないか心配。」とターシャさんは語った。彼女は20年間クジラの観察ツアーをガイドしているが、ミガルーを見たのはこれが初めて。

 ミガルーは単身での移動をしていたが、他のクジラも同行し始めた。ターシャさんはそれを「ミガルーはとても静かで、自分の時間を楽しんでいるように見えた。2頭目のクジラが彼に近づいたとき、ミガルーは尾を振り上げる行動をとり、そのクジラに対して不満そうだった。なかなかのアクションシーンで忘れられない思い出となりそうだ。」と説明している。

 ミガルーは1991年に初めて目撃され、たぐいまれなる生き物であるとして、特別な法律で身の安全を確保されている。

 
■ソース
Migaloo sighted off Gold Coast, making a whale watcher’s 20-year dream come true

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る