ショッピング・カートで暴走、1人死亡

スウェーデン人男性ら、飲酒後
 
11月10日、日が変わって間もなく、シドニー東部ランドウィックのクージー・ビーチの道路で2人組の男性がショッピング・カートに乗って対向車線を暴走、対向車に激突し、1人が投げ出されて死亡、1人も重傷を負ったことが報道されている。警察では、「対向車の運転者には過失がなかった模様」と発表している。
ABC放送(電子版)が伝えた。
いずれも28歳の男性2人はショッピング・カートでふざけていたが、その後、1人がカートの中に乗り、1人が後に乗る格好でクージー・ビーチ・ロードを走り出した。カートはジャッジ・ストリート付近で対向車線に入り、制限速度内で走ってきた対向車と正面衝突した。衝突の衝撃で中に乗っていた男性が投げ出され、路肩に転落した。もう1人は車道に転落した。警察は、男性の1人は留学生で、もう1人はスウェーデンからオーストラリアを訪れていただけと発表している。
また、「道路は時速60km区間で、この速度では死亡事故につながる。ショッピング・カートを使ったことのある人なら誰でも知っているはずだが、カートはまったく操縦ができず、街頭では非常に危険だ。今回の事故もそのように考えられるが、あらゆる可能性を考え、目撃者からの事情聴取その他の捜査を進めており、予断で片付けることはしない」と語っている。
衝突した車の運転者(45)は何の傷害もなかったが、法により病院でアルコール、薬物などの血液検査を受けた。警察では、「事故直後、通行人や衝突した車の運転者が2人の救助にあたった」と発表している。
 
■ソース
Shopping trolley fatality: Swedish man dies during shopping trolley joyride in Randwick, Sydney

http://www.abc.net.au/news/2015-11-10/man-dead-another-badly-hurt-after-shopping-trolley-crash/6926040

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る