鉄道東部線で通勤客立ち往生

24日早朝、線路に故障発生

 6月24日朝、シドニー鉄道のマーチン・プレース駅でレールの破損が見つかり、緊急保線工事が行われたため、ボンダイ・ジャンクション駅とタウンホール駅との間で通勤客が車内や駅で立ち往生した。

 この事故で東部線と、東部線に直結するイラワラ線が午前9時半過ぎに双方向で運休した。その後、タウンホール駅とボンダイ・ジャンクション駅の間に振り替えバス運行が始まった。イラワラ線も大幅にダイヤが乱れた。

 午前中、シドニー鉄道局のスポークスマンは、故障や運行の状況について明らかにしておらず、「列車はマーチン・プレースの現場を徐行しており、クロヌラ、ウォーターフォールと市内を結ぶ列車は両方向とも市内環状線を使って運行している。午後のラッシュアワー時に間に合わせるため、保線作業員が懸命の復旧作業を続けている」と述べている。(NP)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る