大陸中央部で3人が洪水に囲まれる

普段は乾ききった涸れ川を横断し

 大陸中央部の乾燥しきった地域に大雨が降り、普段は乾ききった河床を横切ろうとして洪水に囲まれ、木にしがみついて夜明かしした3人が救助された。

 北部準州(NT)南部、SA州北部、QLD州とNSW州西部、WA州東部は草木がまばらに生えているだけの乾燥した大地だが、大雨が降ると普段河床がむき出しの川も濁流になる。この気象ですでに1人が亡くなっている。

 報道によれば、アリス・スプリングズに近いチャールズ・クリーク・キャンプ近くで、濁流を渡ろうとした23歳の女性2人と21歳の男性1人の乗った4WDが途中で立ち往生、車から抜け出した3人は木に登って難を逃れた。1月10日朝になって3人が救助隊(NTES)に発見され、無事救出された。3人はアリス・スプリングズ病院に収容され、診察を受けている。

 1月9日にはアリス・スプリングズのトッド川でも24歳の男性が溺死している。トッド川は普段は砂漠のように乾いており、毎年手製のボートを数人で担ぎ、砂を蹴って走るレースが行われ、観光客を呼んでいる。この川に水が溢れたためにレースが中止になったこともある。

 9日にはNTESが電線切断や道路浸水などで20戸の救援に出動している。NTESでは、「ほとんどすべてがボランティアで運営されており、この2日間、救助、土嚢積みなどの出動続きで限界に来ている」と語っている。

 警察では、「地域によっては降水量が100mmにもなっており、スチュアート・ハイウェイも一部区間が浸水するなど通行にも支障が出ている」と警報している。(Ratei)
■ソース
Three people rescued from flooded causeway as torrential rain soaks Central Australiahttp://www.abc.net.au/news/2015-01-10/three-recued-from-flooded-causeway-near-alice-springs/6010084

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る