シドニー・ホバートはWild Oats XIがライン優勝

他艇からは「ルール違反」の批判も

 昨年、Comancheの進路の直前を横切ったとして1時間のペナルティを科せられ、ライン優勝を逃したWild Oats XIは、今年雪辱を果たし、ライン優勝に輝いた。しかし、次着のヨットからは、Wild Oats XIがロケーティング・システムのスイッチを切り、他の艇から姿をくらましていたと批判を受けている。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 26日の昼に出走したWild Oats XIは28日未明にはComancheを抜いて引き離し、ダーウェント川のホーム・ストレッチに入った。

 同日、2着は28分遅れてダーウェント川に入ったBlack Jack、続いてComanche、InfoTracksの順に到着した。
■ソース
Wild Oats XI takes line honours in Sydney to Hobart race, amid accusation of rule breaking

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る