2019年に向けて! ウェブ・デザインの最新トレンドを知る

今日から売れる販促・集客のコツ

しみながら売繁盛!
楽笑マーケティング

「モノが売れない時代」における「売れる」ポイントはただ1つ、「過去の成功体験ほど疑わしいものはない」と気付けるココロです。本コラムは出版・広告業界に15年以上携わってきた著者が、販促・集客のための「気付き」を与え、あなたの“やわらかアタマ”を育てます。

2019年に向けて! ウェブ・デザインの最新トレンドを知る

2018年9月にAppleの最新機種「iPhone XS」が発表されました。デバイスの進化と共にウェブ・デザインも進化しています。今回は、19年に向けたウェブ・デザインの最新トレンドについて紹介します。

  1. パーソナライズドUX
     UXとは「ユーザー体験」のことです。ウェブサイトで結果を出すには、ユーザーの性別、年齢、嗜好に応じてデザインをパーソナライズすることが重要で、19年はその傾向がより高まります。特に特定の商品を販売するECサイトは、その傾向が強くなるでしょう。

  2. VUI(音声ユーザー・インターフェイス)

    本コラムでも何度かお伝えしている音声検索のニーズは年々増加しており、グーグル・ホームやアマゾン・エコーといったスマート・スピーカーの普及に伴いウェブ設計においても、音声検索を意識したウェブサイト作りは必要不可欠となってくるでしょう。

  3. ミニマリズムとボールド・フォント

    モバイルが7割とされるウェブサイト利用において、「見やすい」「読みやすい」という点は今や最重要課題です。そのため、有望なサイトの多くはミニマリズム(最小限にシンプル)で大胆なボールド・フォントが使われています。日本ではいまだに手書き風フォントなどのウェブサイトを見掛けますが、時代の流れは確実にそうしたウェブサイトのUXを下げています。

  4. グリッド・レイアウト

    グリッド・レイアウトとは、画面を縦横で分断したブロックを組み合わせてコンテンツを構成するデザイン手法です。写真のSNSアプリ「Pinterest」が、その代表と言えるでしょう。

  5. スティッキー・エレメント

    ウェブサイトの回遊率を上げるナビゲーション・メニューや、3本線のボタン内に格納しタップすると広がるハンバーガー・メニューは、かつてはページのトップに戻ってタップされていました。しかし、下にスクロールしてもメニューが追い掛けてくれるスティッキー・エレメントの登場で便利になりましたね!詳しくは下記の僕のウェブサイトをご参照ください。

  6. チャット・ボット

    航空会社ジェットスターなどLCCの予約サイトで、よく見掛けるチャットを利用した問い合わせ機能。人件費を抑え、24時間体制で顧客に対応できるチャット・ボットの利用が高まっています。また、チャット・ボットの機能も進化しつつあり、19年には言語の認識やボイス・チャットなど更なる進化が予想されています。

いかがでしたか?ウェブ・デザインの世界もどんどん進化し、より使いやすく、見やすいデザインに変わっています。最近オンラインでの集客や売り上げが伸びないという人は、ぜひリニューアルをお考えください!


森茂樹
●出版・映画会社のKADOKAWA入社後、雑誌記者・情報誌編集者として従事。その後、広告制作ディレクター、専門学校広報など出版・広告業界を渡り歩く(綱渡りだけど!)。現在は、格安ホームページ制作者、販促アドバイザー、翻訳家として活動中。
Web:www.mideax.com

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る