シドニー・ラーメン・ツアー2017イベント最新動向③

SYDNEY RAMEN INTERVIEW

ラーメン・プロモーション企業
Ramen With Friends
ウィリアム・ホワン氏 & アンドリュー・ウォン氏

シドニーを拠店にラーメンの啓蒙活動、プロモーションを行う企業「Ramen with Friends」(以下、RWF)。今回のシドニー・ラーメン・ツアー2017をサポートしている同社のウィリアム・ホワン氏とアンドリュー・ウォン氏に、これまでの同社の活動の経緯から、オーストラリアのラーメン事情、そして同イベントについての感想など話を伺った。■Ramen with Friends / Web: www.ramenwithfriends.com

——RWFの設立の時期、きっかけとはどのようなものでしたか?

ウィリアム・ホワン氏
ウィリアム・ホワン氏

ウィリアム氏(以下、ウィリアム):RWFは2年半ほど前、個人的に週1回のペースでラーメンを食べ、インスタグラムへの投稿を始めたことがきっかけとなり会社としての活動が始まりました。設立当時は、多くの人がラーメンを食べた際の表現として「うまい(yum)!」「おいしい(delicious)!」とSNSなどに書き込むものの、誰も「なぜ、そのラーメンがおいしいのか」「他のラーメンとの違い」といった意見を述べることはまれでした。せっかくならラーメンのレビューを具体的に書いて関心のある人たちとシェアし、ラーメン屋を選ぶ際の参考にしてもらいたいと思い現在の活動を始めました。

——これまでの活動の中で最も印象に残った出来事は何でしたか?

ウィリアム:ラーメンに対して同じ情熱を持った人たちと新たに出会えたり、自分たちのラーメンに関する知識が深まったことですね。また、自分たちの別の事業で培ってきたウェブサイト構築の技術を通して好きなラーメンに関する新たな試みをビジネスとして形にできていることが一番感慨深いですね。

——活動の中でラーメンに関する認識の変化などはありましたか?

アンドリュー・ウォン氏
アンドリュー・ウォン氏

アンドリュー氏(以下、アンドリュー):ラーメンは麺・スープ・トッピングの3種類で構成されていますが、そのバラエティーが思っていた以上に豊富であることに気付きました。日本でもラーメンを食べたことがありますが、地域特有の材料やシェフのこだわりなどによって数え切れないほどの違いが生まれます。これほどまでにバラエティーに富んでいる料理は、世界中でもラーメンぐらいじゃないでしょうか。

——日豪両国以外だと、何カ国でラーメンを食べたことありますか?

ウィリアム:アメリカ、イギリス、マレーシア、フランス、そしてドイツの5カ国です。

——どの国のラーメンが充実していましたか?

ウィリアム:自分がオーストラリアに住んでいるので偏った見方になるかもしれませんが、やはりオーストラリアですね! すばらしい麺を作るための小麦粉、おいしいスープを作る豚骨などがそろっていると思います。ドイツやイタリアではラーメンにパスタの麺が使われていましたが、それは本来のラーメンとは違っていて、とてもオリジナリティーがあり面白かったですね。

——今回のシドニー・ラーメン・ツアーの企画についてどう思いますか?

アンドリュー:この企画は、夏場に需要が落ち込むシドニーのラーメン屋を助けるすばらしい企画であると思います。お客さんが、自分の住んでいる地域のお店だけでなく、広く新しいラーメン屋さんに足を運ぶことを後押しできているのではないでしょうか。また、企画を通じてラーメンの魅力を知る人が増え、シドニーにおけるラーメンのコミュニティーが広がれば我々としてはうれしいですね。

——今後の展望を教えてください

ウィリアム:今回のような企画がまたあれば、次はオーストラリアのお客さんと日本食レストランについて更に理解を深めた上で、ラーメン屋のプロモーションをお手伝いしたいと考えています。また、現在RWFはNSW州を越えてブリスベン、アデレード、パースなどへ活動を広げているところです。各地のラーメン・コミュニティーにおけるプロモーションのための力になりたいと思っています。

PR

ランチに飲みのシメにぴったり
Bar & Grill Yebisuの辛麺

シドニーで有名な居酒屋の繁盛店と言えば、タウン・ホールにある居酒屋エビス。そして、その姉妹店である「Bar & GrillYebisu」も半年前にチャイナタウンに開店し、今回はその両店舗でシメのラーメンとして人気のある一品を紹介する。

両店舗では味噌ラーメン($15.80)と辛麺($15.80)の2種類のラーメンがランチ・ディナーとも提供され、中でも同店の人気メニューとして厚い支持を受けているのが辛麺だ。

見た目とは対照的にあっさり味でするっと味わえる辛麺
見た目とは対照的にあっさり味でするっと味わえる辛麺

広く開放感溢れるBar & Grill Yebisuの店内

広く開放感溢れるBar & Grill Yebisuの店内

同メニューは、宮崎名物として知られる日本の味をここシドニーで再現したもので、両店舗の看板メニューになりつつある。

通常のラーメンと違い、辛麺は韓国冷麺の麺が使用されていることが特徴。また、スープは豚骨ベースを同店自家製ブレンドしたものとなっている。真っ赤になるほど唐辛子が振りかけられたパンチのある見た目に、思わず驚き食べることをためらってしまうかもしれないが、溶き卵が加えられていて辛さはマイルドで、するっと食べられるおいしさ。豚骨ベースとはいえ、濃厚な豚骨ではないため気温が上がり食欲がなくなる時期でも、辛麺であればきっと食欲を刺激してくれはずだ。

辛麺だけを食べるのも良いが、「辛麺は何よりも飲んだ後のシメにぴったり」と語るエビスのシェフ。特にチャイナタウンにあるBar & Grill Yebisuの店舗は、店内が広くカウンター席やバルコニー席もあり開放感溢れる作りとなっており、1人での利用から、バルコニー席を仕切ってのプライベート・パーティーといった利用も可能なため、楽しく盛り上がった会の最後に辛麺を食べるという楽しみ方も良いだろう。

夏にピッタリな辛麺を味わいに、ぜひ居酒屋エビス、そしてBar & Grill Yebisuに足を運んでみてはいかがだろうか。

■Bar & Grill Yebisu
住所:Level 1/55 Dixon St., Haymarket Sydney Tel:(02)9211-3038 Web: yebisubargrill.com.au 営業時間:月~水、日12PM~11PM、木~土12PM~12AM*各種カード使用可、BYO不可

イベント最新動向▶▶▶ 参加全18店舗紹介▶▶▶
シドニー・ラーメン・インタビューほか

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る