おうちで本格イタリアン「蒸した鯛のグリーン・ソース」

イタリア料理の達人が、
家庭で楽しめる本格イタリア料理のレシピをご紹介。

今回ご紹介する白身魚の蒸し物は、大変オーソドックスなイタリアの田舎の家庭料理。新鮮な鯛(スナッパー)を使い、爽やかなパセリのグリーン・ソースと合わせます。

材料(4人分)

鯛の切り身 4切れ(400g)
ニンニク 2カケ
アンチョビのフィレ 3枚
ジャガイモ 2個
レモン(白ワイン・ビネガーの代わり)
オリーブ・オイル 適量
ケッパー(塩漬け) 1つまみ半
セロリ 1本
ニンジン 1本
タマネギ 1個
イタリアン・パセリ 2握り分
白ワイン 30cc
塩・こしょう 適宜

作り方

  1. 深めの鍋にセロリ、ニンジン、タマネギをざく切りにして入れ、パセリの茎、白ワイン(30cc)を加えたら、ひたひたに浸かる位の水を入れてふたをして強火で煮る。ジャガイモを皮のまま鍋に入れて一緒に火を通す。
  2. ゆでている間に、フード・プロセッサーでグリーン・ソースを作る。ニンニク、レモン、オリーブ・オイル(40cc)、アンチョビ、よく洗って水気を取ったケッパーをフード・プロセッサーに入れ、塩・こしょうしてから細かくする。
  3. ①の鍋が沸騰したら、蒸し器を使って鍋で魚を蒸す。ふたをして弱火にし20分ほどコトコトと蒸す。
  4. ②にレモンの皮をすり下ろして入れる。また、レモンを輪切りにして、③の魚の上に置いて一緒に蒸す。
  5. ⑤蒸し上がったら、魚を鍋から下ろす。ジャガイモを取り出し、皮をむく。
  6. 器にジャガイモと魚を盛り、ソースをかけ、インゲンなどの付け合わせを添えたら出来上がり。

食材選び&調理マル秘ポイント

  • ①では、冷蔵庫の中で余った使える野菜は何でも使います。野菜の水分で魚を蒸すので、野菜のうまみがしっかりと魚に染み込みます。
  • ③ では蒸し器に魚がくっ付かないようにように紙を敷くのが良いでしょう。
  • イタリアン・パセリにアンチョビ、ニンニク、ケッパー、レモンを使ったグリーン・ソースは酸味が効いてとても爽やか。ワインとも相性抜群です。

伊藤尚文シェフ
NZの5つ星ホテルで主にワイン・サービスを担当後、2000年よりイタリアで4年間、著名レストランやグランド・ホテルで経験を積む。03年アメリカズ・カップ(NZ)でプラダ・ヨット・チームの専属シェフ。07年に東京・赤坂で「グストエヴィーノ」開業、約6年半に渡りイタリア料理を基本にした独自のガストロノミーを創造。15年に来豪し、メルボルンを中心にケータリング・シェフとして活躍中(Web: www.gvcatering.com)。各種パーティー対応可。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る