幸せワイン・ガイド@オーストラリア「バロッサ(イーデン・ヴァレー)」

ワインの産地、ブドウ品種名などの表記は、オーストラリア連邦政府のワイン振興団体であるワインオーストラリアの基準に合わせています。

今月の銘醸地:バロッサ(イーデン・ヴァレー)


今月も引き続き、バロッサについてご紹介します。

バロッサとバロッサ・ヴァレーの違い

実は厳密に言うと、「バロッサ」と「バロッサ・ヴァレー」には違いがあります。ワイン産地「バロッサ・ゾーン(Barossa Zone)」とは、「バロッサ・ヴァレー(Barossa Valley)」、「イーデン・ヴァレー(Eden Valley)」という、2つの隣接する地区を合わせた地域全体のこと言います。そのため、この2つの地区から収穫したブドウのブレンドである場合などは、ラベルに「Barossa」とのみ書かれていたりします。ちょっとややこしいのですが、「バロッサ・ヴァレーとイーデン・ヴァレーを合わせた地域がバロッサ」、これを頭に入れてから、続きを読んでみてください。

バロッサのおいしい白ワイン

前回ご紹介した通り、バロッサは圧倒的に赤ワインで有名な産地ですが、おいしい白ワインも多く作られていますので、もう少し詳しくご紹介したいと思います。

バロッサの白ワインの生産の多くは、標高が高く、より涼しいイーデン・ヴァレー地区に集中しています。標高の高さによる冷涼な気候が白ワインにとって特に重要な酸を保つことに役立っています。

特にリースリングは、この地区で最も重要な品種です。イーデン・ヴァレーは同じ南オーストラリア州のクレア・ヴァレーと並び、オーストラリアのリースリングの銘醸地として知られ、よく比較されます。

リースリングの他にも、南オーストラリアでのシャルドネの先駆者でもあるマウントアダム(Mountadam)に代表される、エレガントでモダンなスタイルのシャルドネや、ヤルンバ(Yalumba)に代表されるヴィオニエなど、イーデン・ヴァレーではスタイリッシュな白ワインが多く作られています。

愛溢れる土地バロッサ

人びとの強い地元愛が溢れるバロッサ
人びとの強い地元愛が溢れるバロッサ

さて、話題を少し変えて、バロッサの土地柄について少しお話しします。今回コラムを書くに当たってバロッサを思い返し、まず頭に浮かんだ言葉は「センス・オブ・コミュニティー」でした。バロッサはとにかく「地元愛」に溢れる土地です。ワイナリーだけでなく、レストランやパン屋のスタッフ、バスのドライバー、地元の方々と話をする度、バロッサへの強い敬愛とそこで生きていることへの誇りが笑みとなってこぼれ出ている、そんな印象を受けました。

助け合いが自然と生まれる場所、バロッサ。そんなコミュニティーの中で生きる人びとのつながりの強さ、助け合いの精神を感じさせるエピソードも、あちこちで聞くことが出来ます。

バロッサのレジェンド、ピーター・レーマン

最もバロッサらしいストーリーは「バロッサの男爵」と慕われるピーター・レーマンの伝説でしょうか。バロッサ、そしてオーストラリアを代表するワイナリーの1つであるピーター・レーマンが設立された背景には、1人の男性が全人生を賭けて救った、地元の人びとへの愛がありました。

1930年、ドイツからのバロッサ移民5代目として誕生したピーター・レーマンは、17歳から醸造家見習いとしてワインの世界へ足を踏み入れました。78年、ピーターは雇用主であったワイナリーから、ブドウの供給過剰を理由にブドウの買い取りを止めるように命じられました。これにより、60以上のバロッサのブドウ農家が、破産寸前に追い込まれます。

ピーターはワイナリーを辞職し、妻のマーガレットと共に自らの全財産をなげうってワイナリーを設立、彼らのブドウでワインを作り続けたのです。彼にとって、これはまさに「一世一代のギャンブル」でした。ピーター・レーマンのワインには、トランプのクイーンやクラブの絵柄が使われていますが、これは彼の人生を賭けたギャンブルを象徴したものです。

2013年にピーターは亡くなり、地元農家たちは今もピーターの恩義を忘れず、ワイナリーへのブドウ供給を最優先し続けています。

バロッサには他にも、地元の人びとの強いつながりを象徴するようなストーリーが残っています。歴史とストーリーのある産地バロッサのワイン、ぜひお試しください。

*今月のお薦めワイン*
バロッサの上質な白ワインで贅沢なひと時を

贅沢なディナーの日に

Mountadam High Eden Estate Chardonnay 2015/$40
Web: www.mountadam.com.au
刺し身、てんぷらといった和食などと

取引先とのディナーの1本目に

Peter Lehmann Wigan Eden Valley Riesling
2011/$35

Web: peterlehmannwines.com
生ガキ、ロースト・ポーク、田楽ナスなどと

ロマンチックな夜に

Yalumba The Virgilius Viognier 2016/$45
Web: www.yalumba.com
伊勢エビ、スカンピなど上質な甲殻類、スパイスの効いた中東料理などと

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る