AUS教育システム/小学校入学準備

Education Systems Q&A AUS教育システムのしくみ

日本とは異なる教育システムに戸惑うママ&パパの疑問・質問に専門家がズバリお答えします。

小学校入学準備

Q: 4歳半の子どもがおり、来年に現地校のキンディ入学を考えています。プリスクールには行っていますが、日本人家族なので家では日本語を話し、英語はあまり出来ません。キンディに行くに当たってどのような準備をすれば良いでしょう?

キンディに出来るだけスムーズに移行して欲しいというのは、皆さん共通の思いだと思います。

幼児期は言葉を吸収する時期だと言われていますので、英語のアウトプットがあまり無くても深刻になる必要はありません。

プリスクールの先生に聞いてみれば、お子さんの様子が分かると思いますが、キンディ入学までに先生が何を言っているのかを理解し、毎日のルーチンをこなしているようであれば、取りあえず大丈夫でしょう。

それに付け加えるとすれば、「トイレに行きたい」、「何かが欲しい」など、その時々の自分の要求を言葉として表現出来れば、更に安心です。

同じ学校に通うお子さんと顔なじみになっておくことも精神的に楽だと思いますので、学校入学までに一緒に遊ばせておくと良いですね。

そして、学校の環境に慣れておくために、入学予定の小学校のオリエンテーションには必ず参加させてあげましょう。

さて、お子さんが小学校に行く準備が出来ているのかどうか、気になりますよね。右記の「Department of Education」の『Starting School』のチェック・リストでお子さんの小学校入学前の準備状況についてチェックしてみてはいかがでしょうか。

数字や形、文字が分からない、はさみを使えない、絵が描けないなどは、得意不得意がありますし、学校に行ってからも十分習うことが出来ますので、あまり心配する必要はありません。

それよりも、1人でトイレに行ける、新しい環境やアクティビティーになじむことが出来る、シェアすることが出来るなど、社会性や精神面でプリスクールよりも大きな集団の中で出来るかが大事です。

文字や数字などの能力は、キンディに入る前のアセスメント・テスト「Best Start Kindergarten Assessment」によって把握され、キンディの間に教えてくれるようになっています。

チェック・リストはあくまでも参考までにしておいてください。それよりも、気になること、健康上の問題などがあればオリエンテーションの時にキンディの先生に一度相談してみましょう。

その他、パブリック・スクールに関するいろいろな情報も見てください。

<参考ウェブサイト>

■「Department of Education」『starting school』チェック・リスト
Web: education.nsw.gov.au/going-to-a-public-school/our-public-schools/primary-schools/starting-school

■パブリックスクール情報
Web: www.schools.nsw.edu.au/gotoschool/primary/tentips.php



内野尚子(うちのなおこ)
96年よりシドニー在住。11年間ローカルの幼児教育機関で教師「Authorized Supervisor」を務める。元日本語補習校代表兼教師。幼児から大人のための学習教室「Universal Kids」の代表。Universal KIDSやNPO日豪教育サポート・グループを通して、在豪日本人のための現地教育のシステムや、バイリンガルなどの教育の情報共有に努めている。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る